33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(4) 〜先手56銀型.1〜

↓前回の記事   今回からテーマ図A以降の進行に移ります。 ここから先手の手段として (1) 66歩 (2)同歩 を順に見て行きます。 テーマ図Aから▲66歩 △76歩 ▲同銀 △86歩 ▲同歩 △同飛 ▲87金 △82...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(3) 〜55角問題〜

前回の記事で触れた「55角問題」に挑みます。 33金型早繰り銀(2) (前回の記事) 下図は後手陣に隙ありと見た先手が55角と放った局面です。(第1-4図とします) この角で先手が良くなれば33金型早繰り銀が戦法として破綻しています。 ...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(2)

↓前回の記事 後手番で早繰り銀をする為には「二手稼ぐ」ことが必要だと前回の記事で説明しました。 今回はその理屈を説明します。 下の図をテーマ図Aとし、テーマ図Aまでの手順を見て行きます。 初手から▲26歩 △84歩 ▲7...
四間飛車

37桂システム(3)

基本図を再掲します。 今回はここから (c)54銀を見ています。 対して46銀と出るのは狙いの一手ですが、65銀(A図)と出られて後手の銀の出足が早いイメージです。 65銀に代えて64歩(B図)としてくれれば先手も35歩と仕掛...
四間飛車

37桂システム(2)

基本図を再掲します。 ここから (b)64歩を見ていきます。 基本図から △64歩 ▲55角 △63金 ▲45桂 (第5図) 64歩には45桂の飛び膝蹴りをかまします。 直前の55角は後手の63金型...
四間飛車

37桂システム(1)

四間飛車に対する急戦は数多くありますが、その基本形とも言えるのが下図の形です。 ここから(1)46歩なら45歩早仕掛け (2)46銀なら斜め棒銀 (3)68金上〜37銀なら棒銀 (4)55歩なら5筋位取り にそれぞれ進みます。...
序盤戦術

懐かしの戦法たち(1) ー角換わり棒銀ー

私が一時期愛用していて、今は指さなくなった戦法たちをちょっとした思い出話とともに振り返っていきたいと思います。 どうかお付き合いください。 第1回は角換わり棒銀。 3年前の私に「なぜ将棋をするの?」と聞くと「棒銀を指すため」と答えるで...
序盤戦術

▲56歩 △34歩 ▲68銀

私が時折採用する序盤を紹介したいと思います。 「相振りに苦労している中飛車党」もしくは「角交換振り飛車をたまに指す居飛車急戦党」の方は一考の余地があるかと。 初手から ▲56歩 △34歩 ▲68銀 (基本図) 56歩に84歩なら7...
雑談

将棋ソフトの勉強中

何から始めようかと迷っていたところ、本屋で「人間に勝つコンピュータ将棋の作り方」(監修・コンピュータ将棋協会)を目にしたので試しに買ってみました。 2012年発刊の本で、コンピュータ将棋の創成期から当時までの将棋ソフトの進化を歴史とと...
棋書レビュー

「三間飛車藤井システム」を読んでみた

話題の新書「緩急自在の新戦法 三間飛車藤井システム」(著・佐藤和俊六段)を読んでみました。 一冊を通じて後手番で43銀型三間飛車に絞って解説しています。 構成は対穴熊編、対急戦編、対美濃編の三章に分けて手順を解説した後、最後の章で実戦を...
タイトルとURLをコピーしました