【三間飛車対策】金無双急戦(1)

三間飛車対策としての金無双急戦を考察していきます。

本記事では先手三間飛車を仮想敵としていますが、後手三間飛車相手にも同様に攻められると考えて構いません。

三間飛車に対しては△64歩〜△65歩で角交換を目指すのが基本方針です。

そこで先手が▲68飛と回って、(後手が1手得して)先手四間飛車vs金無双急戦の変化に合流することが往々にあります。

したがって(先手四間飛車対策としての)金無双急戦の記事を先に読んでもらえれば、本記事の理解度がより深まると思います。

ただし本文中で都度補足し、必要があれば当該記事への誘導もするので、三間飛車対策にお困りの方はこのまま読み進めて下さい。

それでは参りましょう。

初めにテーマ図を掲げます。

上図は居飛車側が△42金上として金無双を確定させた局面です。

以下▲46歩△64歩と進んだ局面をテーマ図とします。

ここから後手は△65歩と△73桂〜△65歩を使い分けて攻めていきます。

先手はどの形で△65歩を迎え撃つかが重要な考え方です。

次回以降の記事でテーマ図から
・▲67銀(先手67銀型)
・▲57銀(先手57銀型)
・▲47金(先手68銀型)
を順に考察していきます。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました