序盤戦術

33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(23) ~先手棒銀.1~

↓前回の記事 33金型早繰り銀に先手が棒銀で先攻する展開を見ていきます。 33金の形が23と33の地点利いているのが大きく、通常の角換わり先手棒銀より更に対策は容易です。 初手から▲26歩 △84歩 ▲76歩...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(22)~先手早繰り銀.2~

↓前回の記事 第4‐3図から(2)26飛を見ていきます。 26飛は一旦36の歩を守っておいて、良いタイミングで35歩と突こうという手です。 後手としては慌てて45歩と突くと37銀~46歩の仕掛けを与え...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(21)~先手早繰り銀.1~

↓前回の記事 33金型早繰り銀に先手も早繰り銀で対抗する展開を見ていきます。 後手からの思い切った踏み込みがあり、一瞬で後手勝勢になる可能性があります。 初手から▲26歩 △84歩 ▲76歩 △85歩 ▲77...
序盤戦術

あなたはそれでも腰掛け銀の後手番を持つのか?

昨日の朝日杯準決勝、千田ー藤井戦 角換わり腰掛け銀で千田先生の研究がぶっ刺さって先手快勝に終わりました。 角換わりが棋界の覇権を握ってから暫くが経ちます。 棋譜中継を見れば角換わり、道場で小学生が指しても角換わり。 ...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(20) ~先手37桂型.13~

↓前回の記事 第3‐43図から(4)56銀を見ていきます。 第3‐43図から▲56銀 △77歩成 ▲同桂 △86歩 ▲同歩 (第3‐46図) 37とで右辺を抑えて、77歩成で左辺を削ったので8...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(19) ~先手37桂型.12~

↓前回の記事 第3‐43図を再掲します。 ここで(1)68銀 (2)88銀 (3)43と (4)56銀が考えられます。 (1)68銀(2)88銀は以下47と43ととして、2手後に76歩と打った変化に合...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(18) ~先手37桂型.11~

↓前回の記事 第3‐24図から(3)21龍と攻め合う手を見ていきます。 銀をぼろっと取られますが、その代償に一手早く攻めようという手です。 第3‐24図から▲21龍 △22銀打 ▲44金(第3‐40図...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(17) ~先手37桂型.10~

↓前回の記事 第3‐24図から(2)88銀とこちらに引く手を見ていきます。 88銀は壁銀になるため実戦では選びづらい手ではありますが、ぎりぎりの一手争いで油断は禁物です。 第3‐24図から▲88銀 △...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(16) ~先手37桂型.9~

↓前回の記事 第3‐26図から(b)33角と直接打ち込む手を見ていきます。 第3‐26図から▲33角 △同銀 ▲31龍 △41金 ▲33龍 (第3‐29図) 33角以下は一直線の進行です。 ...
33金型早繰り銀

今日から指せる33金型早繰り銀講座

はい、こんにちはにっし~です! 33金型早繰り銀は何とも奥が深い戦法で、もうその魅力に惚れ惚れしながら研究する日々を過ごしております。 ただちょっと研究を深めるあまり記事の専門性が上がりすぎていることに気づいて、わたくし猛省中...
タイトルとURLをコピーしました