角換わり

33金型早繰り銀

今日から指せる33金型早繰り銀講座

はい、こんにちはにっし~です! 33金型早繰り銀は何とも奥が深い戦法で、もうその魅力に惚れ惚れしながら研究する日々を過ごしております。 ただちょっと研究を深めるあまり記事の専門性が上がりすぎていることに気づいて、わたくし猛省中...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(15) ~先手37桂型.8~

↓前回の記事 第3‐24図から(1)68銀を見ていきます。 (1)68銀は中央に厚く備えて57とも消しているので自然な受けに見えます。 しかし明確な弱点が一つあって、それは「58銀に68玉と逃げられな...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(14) ~先手37桂型.7~

↓前回の記事 第3‐15図まで戻ります。 前回まで上図で22歩と受ける穏やかな展開を見てきました。 しかしここでは23歩成を受けない驚愕の手順が存在します。 33金型早繰り銀の中で最も激しい展開...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(13) ~先手37桂型.6~

↓前回の記事 第3-16図から(2)35同歩を見ていきます。 なんとも堂々とした一着ですが、先手は余せると見ています。 第3-16図から▲同歩 △86歩 ▲同歩 △同銀 ▲同銀 △同飛 (第3-18図...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(12) ~先手37桂型.5~

↓前回の記事 テーマ図Cから(b)47銀を見ていきます。 この構えが先手の最善形、ラスボスです。 ここから先はどこまで行っても難しく、今のところ「先手良し」「後手良し」の結論を出せていません。 ...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(11) ~先手37桂型.4~

↓前回の記事 第3‐2図に戻って(2)55角を見ていきます。 第3‐2図から▲55角 △64銀 ▲66角 (第3‐5図) 55角に73歩と受けるのは74歩と合わされると結局64銀と手が戻ります...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(10) ~先手37桂型.3~

↓前回の記事 テーマ図Cを再掲します。 42玉型(テーマ図B)との大きな違いとして①45歩~44歩が厳しくならない②飛車が2筋まで通っていて、22飛や42飛が有効になりうるの2点が挙げられます。また一方で①...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(9) 〜先手37桂型.2〜

↓前回の記事 第2-1図より後手が(b)54角 と設置する指し方を見ていきます。 第2-1図から△54角 ▲45歩 (第2‐3図) 54角は87の地点と36の桂頭を睨んで、33金型早繰り銀にお...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀に名前を付けてあげよう

私が33金型早繰り銀を発見して指し始めてから2年ぐらいになります。 相居飛車後手番の救世主となる、将棋の歴史を変え得る戦法だと個人的には思っているんですが、どういうわけか真似をする人がほとんどいない。 多少陣形が薄いとか、指しこなすのが...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(8) 〜先手37桂型.1〜

↓前回の記事 さて今回から先手が37桂を急ぐ指し方を見て行きます。 33の金に狙いを付けて反撃を見せおり、後手からすると最強の敵です。 下図をテーマ図Bとします。 テーマ図Bまでの駒組みを下に示します。 詳しい手の意味...
タイトルとURLをコピーしました