33金型早繰り銀の実戦的諸問題(7) 〜先手▲77銀保留.7〜

↓前回の記事

第20図から②▲75角を見ていきます。

第20図から
▲75角 △同角 ▲同歩 (第25図)

①▲75角と合わせる手にはあっさり△同角と取ってしまいます。

先手は▲75歩の1手を0手で指せた計算ですが、後手はこれを傷と見て攻勢に出ます。

なお第25図から再度の△64角は▲66角と打たれて冴えません。

第25図から
△64歩 ▲77桂 △63銀 ▲46歩 (第26図)

後手は△64歩から自然に駒を進めます。

先手の▲77桂は絶対で、代えて▲46歩には△88歩▲同金△79角が刺さります。

以下▲66角の受けに△65歩と突いて後手優勢です。

チャンスがあれば積極的に狙いたい筋です。

第26図から
△74歩 ▲同歩 △同銀 ▲47銀 (第27図)

△74歩▲同歩△同銀と動けるのが、75歩の形にさせた効果です。

上図は7筋で1歩を手にして、将来8筋攻めが見込める後手が十分の形勢です。

優勢になる手順を探しても良いのですが、ここでは後手番の権利を行使して、あっさり終わっておきましょう。

第27図から
△42玉 ▲36歩 △76歩 ▲同銀 △86飛 ▲87銀 △82飛 ▲86歩 △76歩 (結果図)

△42玉で王手飛車の筋を避けた後、△76歩と軽く動きます。

対して▲85桂には△77角▲同金△同歩成と強引に突破して後手優勢です。

先手は▲76同銀の1手ですが、結果図まで進んで千日手模様。

先手からの回避手段はありません。

第20図から②▲75角は後手が望めば千日手で、打開しても後手が指せるでしょう。

以上をもって、第13図から(b)▲87銀と銀冠を構築するのは欲張りで、△64角と咎めに行って後手良しとします。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました