33金型早繰り銀

33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(11) ~先手37桂型.4~

↓前回の記事 第3‐2図に戻って(2)55角を見ていきます。 第3‐2図から▲55角 △64銀 ▲66角 (第3‐5図) 55角に73歩と受けるのは74歩と合わされると結局64銀と手が戻ります...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(10) ~先手37桂型.3~

↓前回の記事 テーマ図Cを再掲します。 42玉型(テーマ図B)との大きな違いとして①45歩~44歩が厳しくならない②飛車が2筋まで通っていて、22飛や42飛が有効になりうるの2点が挙げられます。また一方で①...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(9) 〜先手37桂型.2〜

↓前回の記事 第2-1図より後手が(b)54角 と設置する指し方を見ていきます。 第2-1図から△54角 ▲45歩 (第2‐3図) 54角は87の地点と36の桂頭を睨んで、33金型早繰り銀にお...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀に名前を付けてあげよう

私が33金型早繰り銀を発見して指し始めてから2年ぐらいになります。 相居飛車後手番の救世主となる、将棋の歴史を変え得る戦法だと個人的には思っているんですが、どういうわけか真似をする人がほとんどいない。 多少陣形が薄いとか、指しこなすのが...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(8) 〜先手37桂型.1〜

↓前回の記事 さて今回から先手が37桂を急ぐ指し方を見て行きます。 33の金に狙いを付けて反撃を見せおり、後手からすると最強の敵です。 下図をテーマ図Bとします。 テーマ図Bまでの駒組みを下に示します。 詳しい手の意味...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(7) 〜先手56銀型.4〜

↓前回の記事   第1-12図に戻り (b) 16歩 を見て行きます。 第1-12図から▲16歩 △52金 ▲17桂 (第1-18図) 先手は最速で桂を活用します。 ここで14歩などとすると、25桂32金23歩成同金2...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(6) 〜先手56銀型.3〜

↓前回の記事 33金型早繰り銀(5) 〜先手56銀型.2〜 (前回の記事) 第1-12図から (a) 45歩 (b) 16歩 を順に見て行きます。 第1-12図から▲45歩 △52金 ▲46角 (第1-13図) 46角...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(5) 〜先手56銀型.2〜

↓前回の記事   今回はテーマ図Aから (2) 同歩 を見て行きます。 テーマ図Aから▲同歩 △同銀 ▲24歩 △同歩 ▲25歩 (第1-11図) 24歩から25歩の継ぎ歩は早繰り銀に対する常套かつ最強の反撃手段です。...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(4) 〜先手56銀型.1〜

↓前回の記事   今回からテーマ図A以降の進行に移ります。 ここから先手の手段として (1) 66歩 (2)同歩 を順に見て行きます。 テーマ図Aから▲66歩 △76歩 ▲同銀 △86歩 ▲同歩 △同飛 ▲87金 △82...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(3) 〜55角問題〜

前回の記事で触れた「55角問題」に挑みます。 33金型早繰り銀(2) (前回の記事) 下図は後手陣に隙ありと見た先手が55角と放った局面です。(第1-4図とします) この角で先手が良くなれば33金型早繰り銀が戦法として破綻しています。 ...
タイトルとURLをコピーしました