指す将順位戦A級1組 1回戦 vsあべしさん (3)

↓前回の記事

第18図(再掲)

第18図から
▲18玉 △89龍 (第19図)

△28角の王手が入って先手玉を18の地点に縛り付けました。

ここから先手玉を詰ますための条件はシンプルで「金を持つこと」です。

すなわち△19角成▲同玉△28金の詰み筋です。

△89龍は次に△59龍を狙った手であり、先手は受けがありません。

ただしこの瞬間はまず詰みません。

したがって局面の設定は非常に明快。

先手が詰めろを続ければ先手勝ち、途切れれば後手勝ちです。

第19図から
▲22飛 △53玉 (第20図)

▲22飛の王手には△53玉と上に逃げます。

44の地点は香、64の地点は馬に塞がれており、この王様はここから一歩も動けません。

ここで詰めろがかかれば先手の勝ちです。

▲55歩がわかりやすい詰めろですが、そこで△59龍があります。

▲54歩に△同龍を用意し、次に△19角成から詰みを狙っています。

いわゆる”詰めろ逃れの詰めろ”です。

こう進めばはっきり後手の勝ち、△89龍のあたりでこの変化は読み切っていました。

第20図から
▲21飛成 △59龍 (第21図)

▲21飛成と桂を補充するのは迫力のある一手ですが、ギリギリ詰めろになっていません。

△59龍と踏み込みます。

対して▲45桂が最も危険ですが、△44玉▲33桂成△46桂で僅かに凌いでいます。(下図)

本当に紙一重で対局中は心臓バクバクです。

第21図から
▲65桂 △42玉 (第22図)

▲65桂とこちらから打ってきましたが、△42玉ではっきり詰みません。

王手を掛けるなら▲33成香ですが、△同玉と取って銀1枚では続きません。

私はこの局面で勝ちを意識しました。

なんなら、ちょっとほっとしています。

包み隠さず言うと、一局を振り返って悦に浸っていました。

みなさんご存知の通り、「対局中に脳内感想戦を始めること」は、将棋において古今東西最悪の行動なのです。

第22図から
▲39銀 (第23図)

先手は▲39銀と埋めて詰めろを受けてきました。

これはただの延命に見えます。

先手の少ない戦力はさらに減り、△同角成▲同金△同龍と進めば先手玉は正真正銘の必至です。(変化図①)

しかし、将棋は恐ろしい。

上図は先手が勝ちになっています。

後手玉に即詰みがあるのです。

変化図①から
▲33成香 (変化図②)

▲39銀以下の一連の手順で変わったことは、先手の持ち駒が銀→角になったことです。

そのため、ここで▲33成香が生じています。

△同玉と取るのは▲24角の一手詰です。

△51玉と落ちて耐えてそうにも見えますが…

変化図②から
△51玉 ▲41龍 △同玉 ▲32角 △51玉 ▲42金 (結果図)

龍切りから入って結果図の▲42金が好手。

以下△同金は▲同成香△同玉▲43角成、△61玉も▲52金△72玉▲82金でいずれも詰みです。

実戦は▲39銀に△同角成と取る直前に頓死筋に気がつきました。

第23図から
△31金打 ▲12龍 (結果図)

秒に追われながら慌てて指した△31金打が失着。

▲12龍と王手で引かれて、急に駄目になりました。

以下は△51玉に▲28銀で角を外されて先手玉が寄りません。

その後も緩みなく寄せられて、チャンスはありませんでした。

状況を整理します。

▲39銀と埋めたこの局面

ここから先手に角が入れば後手玉は詰めろとなります。

つまり後手の条件は「角も飛車も渡さずに先手玉に詰めろを掛け続ける」ことです。

そんな手段はありません。

つまりこの局面、「先手勝ち」なのです。

△31金打は失着ではありますが、敗着ではなかったのです。

△89龍と入ったこの局面

「ここから詰めろが続かなければ後手勝ち」という計算のもと私は局面を進めました。

それは一般的に正しい判断でしょう。

そして私は素晴らしい集中力と巡り合わせで、その条件をクリアしました。

そして先手の詰めろが続かず、▲39銀と受けに回ったこの局面

ここでは「先手勝ち」になっているのです。

私が間違えたとは思いません。

となればこれはもう相手を褒めるしかないでしょう。

あべしさんがただただ強かった。

そしてA級1組は鬼の住処でした。

1つでも多く勝てるように気合を入れ直して、次局以降も頑張ります。

あべしさん、素晴らしい熱戦をありがとうございました。

2回戦は「はず」さんと。

6/21〜7/4の期間で対局予定です。

将棋むっっず

コメント

タイトルとURLをコピーしました