角換わり

33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(9) 〜先手37桂型.2〜

↓前回の記事 第2-1図より後手が(b)54角 と設置する指し方を見ていきます。 第2-1図から△54角 ▲45歩 (第2‐3図) 54角は87の地点と36の桂頭を睨んで、33金型早繰り銀にお...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀に名前を付けてあげよう

私が33金型早繰り銀を発見して指し始めてから2年ぐらいになります。 相居飛車後手番の救世主となる、将棋の歴史を変え得る戦法だと個人的には思っているんですが、どういうわけか真似をする人がほとんどいない。 多少陣形が薄いとか、指しこなすのが...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(8) 〜先手37桂型.1〜

↓前回の記事 さて今回から先手が37桂を急ぐ指し方を見て行きます。 33の金に狙いを付けて反撃を見せおり、後手からすると最強の敵です。 下図をテーマ図Bとします。 テーマ図Bまでの駒組みを下に示します。 詳しい手の意味...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(7) 〜先手56銀型.4〜

↓前回の記事   第1-12図に戻り (b) 16歩 を見て行きます。 第1-12図から▲16歩 △52金 ▲17桂 (第1-18図) 先手は最速で桂を活用します。 ここで14歩などとすると、25桂32金23歩成同金2...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(6) 〜先手56銀型.3〜

↓前回の記事 33金型早繰り銀(5) 〜先手56銀型.2〜 (前回の記事) 第1-12図から (a) 45歩 (b) 16歩 を順に見て行きます。 第1-12図から▲45歩 △52金 ▲46角 (第1-13図) 46角...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(5) 〜先手56銀型.2〜

↓前回の記事   今回はテーマ図Aから (2) 同歩 を見て行きます。 テーマ図Aから▲同歩 △同銀 ▲24歩 △同歩 ▲25歩 (第1-11図) 24歩から25歩の継ぎ歩は早繰り銀に対する常套かつ最強の反撃手段です。...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(4) 〜先手56銀型.1〜

↓前回の記事   今回からテーマ図A以降の進行に移ります。 ここから先手の手段として (1) 66歩 (2)同歩 を順に見て行きます。 テーマ図Aから▲66歩 △76歩 ▲同銀 △86歩 ▲同歩 △同飛 ▲87金 △82...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(3) 〜55角問題〜

前回の記事で触れた「55角問題」に挑みます。 33金型早繰り銀(2) (前回の記事) 下図は後手陣に隙ありと見た先手が55角と放った局面です。(第1-4図とします) この角で先手が良くなれば33金型早繰り銀が戦法として破綻しています。 ...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(2)

↓前回の記事 後手番で早繰り銀をする為には「二手稼ぐ」ことが必要だと前回の記事で説明しました。 今回はその理屈を説明します。 下の図をテーマ図Aとし、テーマ図Aまでの手順を見て行きます。 初手から▲26歩 △84歩 ▲7...
序盤戦術

懐かしの戦法たち(1) ー角換わり棒銀ー

私が一時期愛用していて、今は指さなくなった戦法たちをちょっとした思い出話とともに振り返っていきたいと思います。 どうかお付き合いください。 第1回は角換わり棒銀。 3年前の私に「なぜ将棋をするの?」と聞くと「棒銀を指すため」と答えるで...
タイトルとURLをコピーしました