先手中飛車対策 角交換ミレニアム(9) 〜▲88飛の変化.まとめ〜

↓前回の記事

▲88飛の変化.1~.7をまとめます。

先手の変化として▲88飛を見てきました。

積極的な手段ですが、後手は正確に応じれば怖くありません。

まずは上図から△33桂が絶対の一手。

先手の速攻へのカウンターを用意しつつ、局面が落ち着けばミレニアムに組む狙いです。

対して▲86歩△同歩▲同銀の仕掛けには△55歩が手筋の反撃。

以下は8筋を明け渡して、△52飛や△45桂で5筋から反撃するイメージで行きましょう。

▲86歩に代えて▲66銀△21玉▲77桂には△32金で囲いを完成させておきます。

これで先手の強攻にも強く戦うことができます。

上図から▲85桂にも△55歩と反撃すれば後手が指せます。

ここから先手が自重すれば▲89飛△51金▲68金△42金右と進みます。

以下▲46歩には△74歩▲47銀△73桂▲38金△64角

▲75歩には△45銀

と仕掛けて、いずれも後手が十分の形勢となります。

後手はミレニアムの遠さを武器に捌き合うイメージで戦いましょう。

次回以降でテーマ図以下の攻防を見ていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました