33金型早繰り銀(20) ~先手37桂型.13~

↓前回の記事

第3‐43図から(4)56銀を見ていきます。

第3‐43図から
▲56銀 △77歩成 ▲同桂 △86歩 ▲同歩 (第3‐46図)

37とで右辺を抑えて、77歩成で左辺を削ったので86歩とこちらから攻めるのが理に適っています。

上図では86同飛と行く手も見えますが、それには44角と攻め合います。

以下89飛成には79金打99龍53角成で先手勝ち

89飛成と入っても金2枚が並んだ形が堅く、後手陣は飛車が居なくなると耐久力ががくっと下がります。

44角に62玉と受けるのも43との追撃が厳しく後手が勝てません。

したがって後手は86同銀と銀を進めることになります。

第3‐46図から
△86同銀 ▲83歩 (第3‐47図)

86同銀に65桂の攻め合いは87銀成53桂成78成銀で後手玉が詰まず後手の勝ち

83歩と一発叩くのが手筋で、これを同飛と取るのは65桂87銀成に53桂成が詰めろとなり後手の負けです。

第3‐47図から
△77銀成 ▲同金 △83飛 (結果図)

77銀成と桂を食いちぎってから83飛と歩を払って結果図

一旦は86歩でしょうが、そこで76歩、65桂、64桂と有力手が複数あります。

もちろん結果図からもある程度調べてみましたが、どうにも結論が出ず

「難しすぎて分からない」と言うのが正直なところです。

第3‐43図から(4)56銀はかなり有力で難解な終盤戦へと進みます。

まとめます

先手37桂型に後手が42玉と上がるのは危険で代えて94歩が勝ります。

対して47銀で飛車の横利きを通すのが急務で下図が先手の最善形です。

上図から後手は仕掛ける一手

対して24歩~25歩の継ぎ歩が唯一の反撃手段です。

次の24歩に22歩と受けるのは穏便で一局ですが、54角から一直線に攻め合ってどうかというのが本譜です。

以下は妥協した方が悪くなるので下図までは一直線に進みます。

ここで76歩と利かしに行って第3‐43図

上図から(1)68銀(2)88銀(3)43と(4)56銀の4通りの応手が全て有力で、いずれも難解な終盤戦へと進みます。

したがって第3‐43図が現段階における私の研究の到達点

33金型早繰り銀の最前線です。

この局面で後手が指せるとなったら、角換わりの主導権は先手から後手に移ったと言えるでしょう。

この局面で先手が良いなら、後手には有力な変化がまだいくつかあるので、それをまた私が頑張って掘り下げます。

以上で先手37桂型の考察を終わります。

次回以降で先手早繰り銀・先手棒銀への対応を見ていきます。

続きます。

コメント

  1. R1600 より:

    すごい!今度使ってみます

タイトルとURLをコピーしました