33金型早繰り銀(12) ~先手37桂型.5~

↓前回の記事

テーマ図Cから(b)47銀を見ていきます。

この構えが先手の最善形、ラスボスです。

ここから先はどこまで行っても難しく、今のところ「先手良し」「後手良し」の結論を出せていません。

先手が33金型早繰り銀を否定しに行くならこの局面から始めることになるでしょう。

そしてその先に先手良しが確立できなければ、それは33金型早繰り銀が戦法として成立していることを意味します。

現時点での私の見解を述べていきます。

テーマ図Cから
▲47銀  △75歩 ▲同歩 △同銀 (第3-13図)

47銀には54角を打たずに単に75歩が勝ります。

37角の隙があるので「角を持っていること」それ自体が先手の攻めを牽制している為です。

上図から48金と上がるのは54角として、テーマ図Cから(a)48金の変化に合流します。

同様に駒組を進める58金や38金、29飛などは全て54角と打って後手十分の戦いが見込めます。

したがって先手は上図から反撃します。

第3-13図から
▲24歩 △同歩 ▲25歩 (第3-14図)

十字飛車を狙って24歩~25歩の継ぎ歩攻め

45歩同歩同桂が利かない先手はここから行くしかありません。

第3-14図から
△54角 ▲24歩 (第3-15図)

54角についてはもう説明不要でしょう。

盤面全体を見渡す急所の位置です。

24歩と取り込んだ第3-15図、ここから後手は穏やかな展開と激しい展開を選べます。

穏やかな展開から見ていきましょう。

第3-15図から
△22歩 ▲45歩 △35歩 (第3-16図)

22歩は23歩成を受けて当然の一手です。

角筋を緩和する45歩にも35歩と突っ掛けて桂頭に傷を作りにいきます。

上図から(1)46角 (2)35同歩 を順に見ていきます。

第3-16図から
▲46角 △64銀 ▲35角 (第3-17図)

46角から35角は桂頭に傷を作らない指し方です。

次に56歩と突いて角が安定すると作戦負けなので、後手は角を取りに行きます。

第3-17図から
△34金 ▲44角 △同金 ▲同歩 (結果図)

34金で角の適当な逃げ場所がありませんがそれは先手も織り込み済み

44角と切り込んで結果図

先手は駒損ですが次に23歩成の確実な攻めがあります。

難しい形勢ですが、後手がやや忙しい局面と言えるでしょうか。

第3-16図から(1)46角とすれば結果図までは進みそうです。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA