金無双急戦(9) ~先手46歩型.08〜

↓前回の記事

下図は第0‐8図から(2)▲55歩まで

(d)△79飛→△44銀を本譜として掘り下げます。

第0‐8図から
▲55歩 △79飛 ▲54歩 △44銀 (第0‐27図)

ここからの先手の対応として①▲78角 ②▲44同角 を順に見ていきます。

第0‐27図から
▲78角 △75飛 ▲76歩 △同飛 ▲同銀 △78飛成 (第0‐28図)

▲78角以降の手順に変化の余地がないのは、前回の記事で述べた通りです。

そして迎えた上図

ここで▲84飛の痛打が無いのが、後手が▲54歩をかわした効果です。

ここからは桂香を拾っての攻め合いになります。

第0‐28図から
▲71飛 △89龍 ▲81飛成 △79龍 (第0‐29図)

△79龍が浮いている角銀を狙って小気味の良い活用です。

勢い▲44角と切り飛ばしたくなりますが、△同歩で76の銀取りが残って先手苦戦です。

第0‐29図から
▲78歩 △15歩 (第0‐30図)

▲78歩が手筋の中合い

△同龍にはそこで▲44角△同歩▲67銀が龍に当たります。

しかし歩切れになった為、奥義”端攻め”がより厳しくなります。

△15歩を▲同歩と取るのは△17歩で一丁上がり

以下▲同香は△16歩▲同香△24桂、▲同桂は△16歩、▲同玉は△49龍▲同銀△39角でいずれも後手勝勢です。

第0‐30図から
▲36桂 △16歩 ▲44角 △同歩 ▲同桂 △22玉 ▲52桂成(第0‐31図)

▲36桂は次に▲44桂ではなく▲44角を狙って油断のならない手です。

かと言って△35銀と大事を取るのは▲33角成△同金▲45桂で一遍に怪しくなります。

したがって後手も強気の姿勢で攻め合います。

▲52桂成となって後手陣はかなり薄くなりましたが、この瞬間はまず詰みません。

この手番を活かして一気に寄せ切ります。

第0‐31図から
△17歩成 ▲同桂 △16桂 ▲39玉 △47歩 (結果図)

△17歩成に▲同香も△同香成▲同桂△16桂で大同小異です。

▲39玉に△47歩がぴったりの決め手

△28角以下の詰めろですが、▲47同金には△28角▲48玉△68龍で詰み

▲47同銀も△66角▲48金打△28角以下受けなしです。

この歩を取れないようでは先手に受けはありません。

第0‐28図から①▲78角は△75飛と走って終盤戦ですが、どうやら後手勝ちのレールに乗っているようです。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました