金無双急戦(5) ~先手46歩型.04~

↓前回の記事

第0‐8図から(1)▲36歩と桂頭攻めを見せる展開を見ていきます。

第0‐8図から
▲36歩 △44銀 ▲45歩 △同銀 ▲47金 (第0‐9図)

▲36歩に△44銀の活用がぴったりに見えますが、▲45歩とぽんと突き出すのが手筋の一着。

△同銀の一手に▲47金で銀ばさみの完成、次に▲46歩または▲37桂で銀が取れます。

一方で先手左辺の守りは薄くなっているので、飛車の打ち込みを許すことになります。

第0‐9図から
△75飛 (第0‐10図)

なにはともあれ後手は飛車を捌いておきます。

先手は狙い通り銀を取りに行きますが①▲46歩 ②▲37桂 の2つの方法があります。

全く違った展開になるので、方針とともにそれぞれ手順を追っていきます。

第0‐10図から
▲46歩 △69飛 ▲78銀 △79飛成 ▲57角 (第0‐11図)

▲46歩は着実ですが次に▲45歩と取った形が甘いので、後手はその間に先手左辺を荒らしていきます。

△69飛が銀桂両取りの厳しい一着

対して▲58銀と形良く引きたいところですが、△89飛成▲66角打に△76歩が好手

以下▲75角△77歩成▲45歩△68とで後手優勢です。

本譜は▲78銀とこちらに引き▲57角が期待の反撃です。

第0‐11図から
△77飛成 ▲同銀 (第0‐12図)

△77飛成は駒損を回避してこの一手です。

迎えた第0‐12図

ここで△89龍はこの上なく自然ですが、▲45歩で先手の構想が実現します。

△99龍と香をとれば一時的には駒得ですが、▲61飛から桂香を拾われるので潜在的に駒損です。

なにより先手の高美濃が健在で、57角と合わせてかなりの防御力です。

これでは面白くないので後手はもっと過激に行きます。

第0‐12図から
△49龍 ▲同銀 △56銀 (第0‐13図)


△49龍といきなり龍を切ったかと思えば、取られそうだった45の銀も放り捨てます。

第0‐13図から
▲同金 △67角 (結果図)

▲同金の一手に△67角と大技を繰り出して結果図

次に△49角成とされては受けがなくなるので▲38銀打ぐらいでしょうが、△56角成がまた角に当たって後手優勢です。

後手の金無双は二枚飛車にかなり弱い為、通常は飛車を2枚渡す攻めはできないのですが、この場合は先手陣の損傷が大きすぎるのと、▲71飛~▲61飛打に△51金打▲同飛成△同金▲同飛成の形がしっかりしているので成立しています。

第0‐10図から①▲46歩 は△69飛からの攻めが厳しく後手優勢です。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました