金無双急戦(14) ~先手56歩型.4~

↓前回の記事

56歩型基本図を再掲します。

基本図から
▲64歩 △46歩 ▲65歩 (第1−1図)

ここまでは早仕掛けと同じ手順

△65歩に対し(a)▲47金 (b)▲36歩 を順に見て行きます。

第1-1図から
▲47金 △75歩 (第1-2図)

桂を跳ねずに△65歩〜△75歩と攻めるのが本戦法の骨子です。

A.シンプル早仕掛けよりも1手早く仕掛けることで、先手に36歩+47金の形を許しません。

第1-2図から
▲同歩 △66歩 ▲76銀 △62飛 (第1-3図)

△66歩に▲同銀は△76歩でそれまで

▲76銀に△62飛と回れるのが金無双急戦の良いところです。

次に△86歩▲同歩△78歩の狙いがあるので、先手は受ける必要があります。

第1-3図から
▲65歩 △78歩 (第1-4図)

△78歩が必修の手筋でこれがないと攻めが繋がりません。

次の△79歩成を受ける手段として(1)▲78同飛 (2)▲69飛 が考えられます。

第1-4図から
▲同飛 △86歩 ▲同歩 △73桂 ▲68飛 △65桂 (第1-5図)

(1)▲78同飛には飛車のいない6筋目掛けて桂を跳ね出して行きます。

△73桂に▲74歩も見えますが、以下△65桂▲73歩成△64飛▲88角に△87歩がぴったりの一手で後手優勢(下図)

また第1-5図から▲88角と我慢する手には、△87歩▲同銀△77桂成が鮮やかに決まります。(下図)

第1-5図から
▲66角 △同角 ▲同飛 (第1−6図)

▲66角は当然で上図となっては、普通は振り飛車の捌け形としたものです。

ところがここまで後手の手の平の上、絶好の一手を用意していました。

第1−6図から
△57桂不成 (第1−7図)

△57桂不成が狙い澄ました一着

▲62飛成にはさらに△49桂成と飛び込めるのが肝です。(下図)

この手の攻め合いでは龍を切ってから手を戻すのが相場ですが、上図では王手で龍を切ることができません。

これは金銀が密集した金無双急戦独自の手筋で、流行のelmo囲いではこうは行きません。(仮想図)

また先手の玉形も肝心で▲36歩の一手が入っていると、△49桂成に▲61龍で先手が指せます。(仮想図)

△57桂不成は先手と後手の玉形によって生じた奇跡とも言える手筋です。

第1−7図から
▲同金 △66飛 ▲同金 △69飛(結果図)

前述の理由で▲57同金は仕方ありませんが、飛車交換から飛車を先着して結果図

瞬間的な桂損はこの後すぐ取り返せます。

となると問題は玉形の差ですが、後手は金無双が丸々残っているのに対して先手は片美濃

しかも66の金と76の銀は狙われるだけの駒になっています。

△57桂不成から金を1枚引きずり出したのが甚だ大きく、結果図は問題なく後手優勢です。

第1-4図から(1)▲78同飛は数手後に△57桂不成が炸裂して後手優勢です。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました