金無双急戦(14) ~先手56歩型.4~

↓前回の記事

56歩型基本図を再掲します。

基本図から
▲64歩 △46歩 ▲65歩 (第1−1図)

ここまでは早仕掛けと同じ手順

△65歩に対し(a)▲47金 (b)▲36歩 を順に見て行きます。

第1-1図から
▲47金 △75歩 (第1-2図)

桂を跳ねずに△65歩〜△75歩と攻めるのが本戦法の骨子です。

A.シンプル早仕掛けよりも1手早く仕掛けることで、先手に36歩+47金の形を許しません。

第1-2図から
▲同歩 △66歩 ▲76銀 △62飛 (第1-3図)

△66歩に▲同銀は△76歩でそれまで

▲76銀に△62飛と回れるのが金無双急戦の良いところです。

次に△86歩▲同歩△78歩の狙いがあるので、先手は受ける必要があります。

第1-3図から
▲65歩 △78歩 (第1-4図)

△78歩が必修の手筋でこれがないと攻めが繋がりません。

第1-4図から
▲同飛 △86歩 ▲同歩 △73桂 ▲68飛 △65桂 (第1-5図)

▲同飛と取らせて、飛車のいない6筋目掛けて桂を跳ね出して行きます。

△73桂に▲74歩も見えますが、以下△65桂▲73歩成△64飛▲88角に△87歩がぴったりの一手で後手優勢(下図)

また第1-5図から▲88角と我慢する手には、△87歩▲同銀△77桂成が鮮やかに決まります。(下図)

第1-5図から
▲66角 △同角 ▲同飛 (第1−6図)

▲66角は当然で上図となっては、普通は振り飛車の捌け形としたものです。

ところがここまで後手の手の平の上、絶好の一手を用意していました。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました