33金型早繰り銀(18) ~先手37桂型.11~

↓前回の記事

第3‐24図から(3)21龍と攻め合う手を見ていきます。

銀をぼろっと取られますが、その代償に一手早く攻めようという手です。

第3‐24図から
▲21龍 △22銀打 ▲44金(第3‐40図)

22銀打に対する44金が手厚い好手

43角を防ぎつつ、54金から玉頭を抑えてしまう狙いです。

次に54金~53金で受けなしとなるので後手は2手スキで迫る必要があります。

第3‐40図から
△77歩成 ▲同桂 △57と ▲54金 △56桂 (第3‐41図)

77同桂に76歩は54金77歩成53金で後手の一手負け

57と~56桂が2手で迫る唯一の手段で、先手より早く詰めろを掛けることができました。

上図となって58金と上がるのは48銀69玉58と同玉57金69玉54歩で後手の勝ち

先手は受けづらそうにも見えますが…

第3‐41図から
▲15角 △62玉 ▲53と △73玉 ▲58金 (第3‐42図)

15角の王手が攻防手

62玉と広い方に逃げますが、53とで金取りを解除してから58金と受けに回ります。

このとき48銀に同角と取れるのが15角を設置した効果です。

第3‐42図から
△48銀 ▲同角 △同と ▲同金 △同桂成 ▲同玉 △46歩 ▲56銀 (結果図)

58同と同玉46歩ではその瞬間が甘く、上部脱出も狙われます。

48銀からばらす方が難しいですが、46歩に56銀と丁寧に受けて結果図

以下69角ぐらいですが68金36角成55角83玉58金で受かっています。

第3‐24図から(3)21龍は途中の44金が好手で先手が良くなります。

すなわち第3‐23図から76歩の利かしは入らないということになります。

だめじゃん

ただここで諦めるのも悔しいのでもう1回だけ頑張ってみましょう。

76歩を打つタイミングを変えます。

先手が23飛成と成りこんだこの局面

ここから△47と▲43との2手を入れずにいきなり76歩と打っていきます。(第3‐43図とします)

利かしのタイミングを変えた効果はどこに出てくるのでしょうか

上図からの展開を次で見ていきます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA