33金型早繰り銀(9) 〜先手37桂型.2〜

↓前回の記事

第2-1図より後手が(b)54角 と設置する指し方を見ていきます。

第2-1図から
△54角 ▲45歩 (第2‐3図)

54角は87の地点と36の桂頭を睨んで、33金型早繰り銀における必修手筋です。

対する45歩も筋の一着

これを同歩と取るのは以下47銀75歩同歩同銀56銀で次に55角~45桂が厳しすぎます。

第2‐3図から
△75歩 ▲同歩 △同銀 ▲44歩 (第2‐4図)

後手は狙い通り銀を進出しますが、じっと取り込んだ44歩が凄まじい迫力です。

44同金は24歩から2筋を突破されてしまうので、後手はこの拠点を取り除けません。

第2‐4図から
△86歩 ▲同歩 △同銀 ▲同銀 △同飛 ▲43銀 (第2‐5図)

86歩からの銀交換にはいきなり43銀と打ち込む手が成立します。

以下41玉には88歩と受けておけば、65角に45桂が実現します。

第2‐5図から
△43同金 ▲同歩成 △同角 ▲44歩 (結果図)

43の地点でばらした直後の44歩が決め手

以下89飛成は79金打でよく、54角と逃げるのも87歩同角成同金同飛成98角88龍77角で先手勝勢です。

第2‐1図から(b)54角と好点に打つのも、45歩~44歩が後手の玉頭への強烈なプレッシャーとなって、後手は反動でやられてしまいます。

結論を述べます。

後手が42玉と上がったテーマ図B

ここで48金と上がって角の王手を消しておくの反発力の高い待ち方です。

以下(a)75歩と(b)54角のどちらも45歩~44歩の反撃が後手玉に近すぎて後手の勝てない将棋です。

後手はテーマ図Bの前に変化する必要があるようです。

その具体的な手段が42玉に代えて94歩です。

上図をテーマ図Cとします。

先手37桂型に対してはテーマ図Cを出発点として掘り下げていきます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA