金無双急戦(4) ~先手46歩型.03~

↓前回の記事

第0‐2図より(b)65歩を見ていきます。

当然ともいえる反発で決戦は免れません。

第0‐2図から
▲65歩 △77角成 ▲同飛 △53銀 ▲75歩 (第0‐6図)

53銀と引くのは迫力に欠ける気もしますが、この銀は後に守り駒として働いてくれます。

第0‐6図では角を打つ一手ですがどこから打つのが良いでしょうか?

第0‐6図から
△33角 (第0‐7図)

33角と自陣から打つのが正着です。

代えて88角も魅力的ですが66角と切り返されます。

以下33桂は78飛66角成同銀で切れ筋なので77角成と飛車を取りますが同桂と手順に跳ねて先手好調です。

以下33桂には45歩と突くのが好手で、次の46角が分かっていても防げません。

本譜33角とこのラインに先着するのが必須でした。

第0‐7図から
▲68角 △77角成 ▲同角 △33桂 (第0‐8図)

33角に対する68角も受けの手筋

代えて「我関せず」と36歩と突いておく手も見えます。

以下77角成同桂79飛には66角で受かっているというのが先手の言い分です。

確かに上図となれば先手十分ですが、36歩には22銀と1手ためるのが落ち着いた好手です。

これで後の66角が消えているので次こそ77角成が来ます。

したがって先手は上図で68角と手が戻ることになりますが、この局面では36歩よりも22銀の方が価値が高く後手が得をしています。

本譜33桂の局面を再掲します。(第0‐8図)

ここから先手は
(1)桂頭を攻める36歩
(2)角に捌きを付ける55歩
の二通りの手段があります。

次回以降で順に見ていきます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA