金無双急戦(3) ~先手46歩型.02~

↓前回の記事

第0‐2図より(a)88角を見ていきます。

88角は弱気な手で結論から言うと居飛車が良くなります。

第0‐2図から
▲88角 △76歩 ▲同銀 △77歩 (第0‐3図)

77歩と焦点に打つのが古来有名な手筋です。

同飛以外は駒損します。

第0‐3図から
▲同飛 △66角 ▲67銀 △77角成 ▲同角 △33桂 (第0‐4図)

77歩以降は変化の余地がなく、第0‐4図まで進んで後手優勢です。

77歩からの飛角交換は対振り急戦で頻出しますが、上図は居飛車の条件が良すぎます。

比較として下図を挙げます。

こちらは後手四間飛車対棒銀の定跡型です。(便宜上先後逆)

棒銀が84に取り残されていますが、それでも居飛車が僅かに指せるとされている変化です。

これと比べると第0‐4図がいかに居飛車の条件が良いかわかってもらえると思います。

駒の働きが段違いです。

良さを具体的にする為にもう少し進めてみます。

第0‐4図から
▲36歩 △79飛 ▲35歩 △89飛成 ▲76歩(第0‐5図)

36歩からの桂頭攻めはこれしかないところで、後手からすると怖い攻めではあるのですが、89飛成が先手で入るのがすこぶる大きいです。

振り飛車側が典型的な「1手間に合っていない」状況です。

第0‐5図から
△36桂 ▲37玉 △35歩 (結果図)

36桂に18玉は15歩で受けなし。

37玉の1手に35歩と戻す手がぴったりで結果図は後手勝勢です。

第0‐2図から(a)88角は居飛車良しです。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA