33金型早繰り銀(2)

↓前回の記事

後手番で早繰り銀をする為には「二手稼ぐ」ことが必要だと前回の記事で説明しました。

今回はその理屈を説明します。

下の図をテーマ図Aとし、テーマ図Aまでの手順を見て行きます。

初手から
▲26歩 △84歩 ▲76歩 △85歩 ▲77角 △34歩 ▲68銀 △32金 ▲78金 △62銀 (第1-1図)

何の変哲も無い角換わりの出だしですが、図の62銀で定跡を外れます。

ここは77角成同銀22銀として2筋の歩交換に備えるのが一般的です。

後手は25歩にどうするのでしょうか?

第1-1図から
▲25歩 △33角 ▲同角成 △同金 (第1-2図)

25歩に77角成同銀22銀と進めば「飛車先切らせ型角換わり」、74歩24歩同歩同飛73銀と進めれば「極限早繰り銀」と呼ばれている戦法です。

本譜は33角同角成同金と金で24歩を受けます。

一般的に悪型とされている33金型ですが、手数だけで言えば後手は一手得です。

この手得が本戦法の根幹を成しています。

なお先手は33角を取らずに48銀と進める指し方もありますが、これにはすかさず42銀と上がります。

上図は先後ともに角交換をしにくく、ここからは角換わりや雁木をはじめとする様々な戦型を含みにした全く新しい序盤戦が始まります。

これについてはかなり重要かつ面白い内容なのでまたの機会に紹介します。

本譜に戻ります。

第1-2図から
▲77銀 △74歩 ▲48銀 △73銀 ▲46歩 △64銀 (第1-3図)

後手は居玉のままずんずん銀を繰り出します。

これは意地を張っているわけでは無く、先手からの速攻に備えている意味があります。(また説明します)

先手は例によって一直線に腰掛け銀に組みます。

第1-3図から
▲47銀 △42玉 ▲56銀 △75歩(テーマ図A)

さあ75歩と突っかけてテーマ図Aです。

先手はここで65歩と突きたいのですが歩はまだ67にいます。

先手はここまで無駄な手を指していません。

すなわち後手は「二手稼ぐ」ことに成功した訳です。

そのカラクリは後手の玉型にあります。

後手の金銀は33金・31銀の形ですが途中の1手得を計算しなければ32金・31銀の形です(仮想図1)

一般的な早繰り銀では金銀は32金・33銀の形となっています(仮想図2)

つまり後手は銀の移動を二手分省略し、手得した一手で金を33に上がり飛車先を受けています。

これが後手が「二手稼ぐ」方法で、後手ながら早繰り銀が「間に合っている」仕組みです。

テーマ図Aからは
(1)66歩76歩同銀で7,8筋の歩交換を甘受する
(2)75同歩同銀24歩同歩25歩で反撃する
の二通りの指し方が考えられます。

それらの展開を見て行きたいところですが、その前にどうしてもやらなければいけないことがあります。

皆さん本譜で一箇所引っ掛かる局面はありませんでしたか?

後手が74歩と早繰り銀を目指した局面です。

ここで55角は大丈夫なのでしょうか?

普通は無理筋ですが33にいるのは銀ではなく金です。

角金交換で2筋で戦果が上がれば十分成立してそうです。

次回は本戦法を指す上で避けては通れない「55角問題」に挑みます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA