スポンサーリンク

『33金型早繰り銀を指しこなす本 応用編』を発売しました

本日、Kindleより『33金型早繰り銀を指しこなす本 応用編』を発売しました。

前著『33金型早繰り銀を指しこなす本 基本編』の続編となっています。

構成は『基本編』と全く同じ。

一問一答形式で100問解くことによって、33金型早繰り銀の序盤定跡、指し方のポイントを習得できるようになっています。

第1章は先手68玉型

実践的に多い▲68玉型を“咎める”手順を盛り込んでいます。

攻めて、攻めて、攻めまくる。

33金型早繰り銀のコンセプトをこの章で確認します。

第2章は先手右玉

後手の△42玉を見て▲36歩〜▲37桂と跳ねる形を掘り下げます。

有力な構想であり、今作のメインテーマです。

後手は雑な攻めをすると右玉の遠さにやられます。

「崩して、突っ込む」感覚を身につけましょう。

第3章は77金型早繰り銀

先手番で33金型早繰り銀よりも1手早い「77金型早繰り銀」の登場です。

77金型早繰り銀の利点は次の2つ

①▲35歩△同歩▲同銀に△86歩〜△85歩の継ぎ歩が効かない。

②73桂型に対して▲56角が先手で打てる

本文中でそれぞれ詳しく解説しています。

『基本編』と『応用編』合わせて200問

これだけ解けば、序盤知識に関しては33金型早繰り銀の専門家を名乗れます。

後は実戦で「踏み込む感覚」を磨いていきましょう。

『基本編』に続いて渾身の一作です。

損はさせません、どうぞよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました