33金型早繰り銀(19) ~先手37桂型.12~

↓前回の記事

第3‐43図を再掲します。

ここで(1)68銀 (2)88銀 (3)43と (4)56銀が考えられます。

(1)68銀(2)88銀は以下47と43ととして、2手後に76歩と打った変化に合流します。

(3)43とは76歩を手抜いて攻め合いを目指した手で、この変化で1手早く76歩を打った効果が表れます。

(4)56銀は銀を取らないなら逃げてしまおうという手で、76歩を早く打った弊害ともいえる変化です。
後手はこれもクリアする必要があります。

(3)43と (4)56銀の順に見ていきます。

第3‐43図から
▲43と △77歩成 ▲同桂 △22歩 (第3‐44図)

77同桂に47とは21龍で前回の記事と同じことになり先手が指せます。

22歩と受けるが後手の工夫

意味は本譜を追えばわかります。

第3‐44図から
▲34龍 △33歩 ▲44龍 △43角 ▲同龍 (第3‐45図)

34龍に33歩ともう一回追ってから43角とと金を払ってしまうのが好手。

部分的には物凄い駒損ですが、先手の攻めの速度を落とすことに成功したので、攻め合いに持ち込むつもりです。

すなわちここで後手は確実に迫る手が”ある”と言っているのです。

第3‐45図から
△47と (結果図)

銀を拾いながら先手玉に近付く47とが盤上この一手

何を当たり前のこと言っているんだと思われるでしょうが、ここに後手の工夫が表れます。

上図(第3‐23図)は76歩を打たずに単に47とと取った変化

ここから76歩は入らないという話をしましたが、ここで22歩と受ける手もあるはずです。

以下同じように34龍33歩44龍43角同龍と進みます。

この局面では後手から確実に迫る手が”ない”のです。

すなわちここで76歩は68銀と引かれて以下37桂に58金と上がられます。

54に角が居る状態では58金には46歩が36角を見てぴったりだったのですが、それは昔の話

上図となっては後手からの攻めが続かず先手優勢です。

76歩に代えて単に37桂も58金で五十歩百歩です。

76歩のタイミングを1手早め、銀が「逃げる」「逃げない」を見極めてから手を選ぶことで後手は攻め合いに持ち込むことができました。

結果図は難解な終盤戦ですが、後手の方が攻めの組み立てが分かりやすく勝ちやすいでしょう。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA