金無双急戦(8) ~先手46歩型.07~

↓前回の記事

下図は第0‐8図から(2)55歩まで

(b)69飛→44銀
第0‐8図から
▲55歩 △69飛 ▲54歩 △44銀 (第0‐22図)

(b)69飛→44銀は4通りの中で唯一後手がはっきり悪くなります。

第0‐22図から
▲44角 △同歩 ▲78銀打 △79飛成 ▲57角 (第0‐23図)

この場合いきなり角を切ってしまう手が成立します。

先手は龍の捕獲を狙っています。

第0‐23図から
△88龍 ▲66角 △79龍 ▲59金引 △76角 ▲77桂 (結果図)

59金引として次に69金が間に合えばゲームセットです。

76角は渾身の勝負手ですがふわりと跳ねる77桂が好手

以下67角成同銀99龍55角打と進んで先手優勢です。

この変化は66の角が72飛の捌きを抑えて絶好の位置になります。

(b)69飛→44銀は下ろした飛車を狙って先手良しです。

(c)79飛→54同銀
第0‐8図から
▲55歩 △79飛 ▲54歩 △同銀 (第0‐24図)

79から飛車を打つと後手は89飛成を受けて78角が絶対となります。

第0‐24図から
▲78角 △75飛 ▲76歩 △同飛 ▲同銀 △78飛成  (第0‐25図)

78角と打たれては次に88角があるので75飛の一手

先手も89飛成を受けて76歩の一手です。

以下必然の応酬で第0‐25図まで進みます。

第0‐25図から
▲84飛 (第0‐26図)

84飛が先手の狙っていた攻め

受ける手はないの後手は攻め合うしかありません。

そして変化が多岐に渡る為、以下は一例です。

第0‐26図から
△57歩 ▲同金 △56歩 ▲47金 △89龍 ▲54飛 △57桂 ▲59金 (結果図)

57歩には68金もありどちらを選ぶかは先手の権利です。

結果図まで進んで88角や44角でどうか

難しい戦いだとは思いますが、後手の攻めが細く繋げるのは大変な印象です。

後手が(c)79飛→54同銀を選ぶ場合は相当な事前研究が必要でしょう。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA