金無双急戦(6) ~先手46歩型.05~

↓前回の記事


第0‐9図に戻り②37桂と桂で銀を取りに行く指し方を見ていきます。

こちらの方が①46歩に比べて攻撃力がある一方、守りの桂が居なくなって囲いの強度は落ちます。

後手の失敗例から見ていきます。

第0‐9図から
▲37桂 △69飛 (第0‐14図)

①46歩の時と同じように69飛と攻めてみます。

対して78銀は49飛成同銀46金と絡んで後手優勢

また45桂と攻め合うのも同桂11角成67飛成で後手勝勢

先手が37桂と飛んでいる形は上部が薄く、上から抑える形になれば寄せきれます。

ところが第0‐14図で先手には狙っている手がありました。

第0‐14図から
▲33角成 △同金 ▲45桂 (第0‐15図)

33角成と切り飛ばしてから銀を取るのが好手順で後手陣は一気に弱体化しました。

先ほどまでの図とは彼我の玉型に雲泥の差があります。

第0‐15図から
△67飛成 ▲33桂成 △同玉 ▲45桂 △42玉 ▲33角 △41玉 ▲11角成 △78飛成 ▲48歩 (結果図)

少し長手数進めましたが、難しいところはありません。

結果図は48に歩を埋めた先手の高美濃が堅く、後手玉は次に53香が詰めろで入ります。

わかりやすく先手の1手勝ちコースです。

37桂に69飛は先手の攻めを甘く見た悪手でした。

第0‐9図から
▲37桂 △77飛成 (第0‐16図)

戻って37桂には77飛成と主砲の角を排除して33角成を消しておくのが急務でした。

第0‐16図から
▲同桂 △76歩 ▲同銀 △79飛 (第0‐17図)

76歩を利かされるのは先手からすれば悔しいのですが、77歩成~67とを上回る攻めもないので仕方ありません。

第0‐17図まで進んで後手の良さが見えてきました。

分かりやすくする為にもう少し進めてみます。

第0‐17図から
▲45桂 △同桂 ▲66角 △44角 ▲同角 △同歩 ▲66角 (第0‐18図)

急所はどこまで行っても急所で、先手は77桂に紐を付けつつ攻防に利かす66角が盤上この一手です。

本当はその前の45桂同桂を入れずに進めたいのですが、単に66角は44角同角同歩66角に69角が厳しい攻め

次に36銀があるので45桂の一手ですが、相手をしてもらえず47角成33桂成同金47銀49龍で後手大成功です。

したがって先に45桂同桂を入れましたが、後手の45桂が先手玉への脅威となっています。

後手は仕上げに行きます。

第0‐18図から
△46桂 ▲39銀 △38桂成 ▲同銀 △46銀 (結果図)

46桂が鮮やかな決め手

対して同金は49龍同銀37角でそれまでです。

39銀は懸命の頑張りですが結果図の46銀で受けなしです。

桂が居なくなった先手の高美濃の弱点を見事に衝いています。

第0‐9図から②37桂には飛角交換からの攻めが厳しく後手が指せます。

以上をもって第0‐8図からの(1)36歩は44銀で後手良しとします。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA