金無双急戦(2) ~先手46歩型.01~

↓前回の記事

先手の対応としてもっともメジャーな46歩型を見ていきます。

とりあえずここの基本変化を抑えておけば金無双急戦は指せます。

テーマ図から
▲ 46歩 (46歩型基本図)

上図を46歩型の基本図とします。

基本図から
△64銀 ▲56歩 (第0‐1図)

46歩で後の46角が消えたのを見て、後手は64銀と繰り出します。

対して56歩は55銀を消して、ほとんど絶対手。

例えば56歩に代えて36歩とすると、以下75歩78飛76歩同銀72飛65歩77角成同飛に55銀と出られて先手が困ります。(下図)

ここで67銀と飛車交換を迫るのが手筋ですが、77飛成同桂76歩同銀79飛と進めて後手が指せます。(下図)

先手の76銀と後手の55銀の働きの差が一目瞭然で、66角のラインも消しています。

本譜に戻ります。

第0‐1図から
△75歩 ▲78飛 △72飛 (第0-2図)

75歩78飛に単に72飛と寄るのが工夫の一手

76歩同銀を入れてから72飛とするのも自然ですが、当然ながら65歩から決戦になります。

以下77角成同飛53銀67銀77飛成同桂(下図)

ここで67歩同銀79飛の手筋はありますが71飛77飛成68角で先手良し。(下図)

先手はすんなり桂香を拾えますが、後手は99龍に77角の切り返しを消す為に1手入れなければいけないのが辛いのです。

本譜72飛への先手の対応として
(a)88角(b)65歩(本命)を次回以降で見ていきます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA