33金型早繰り銀(6) 〜先手56銀型.3〜

↓前回の記事

33金型早繰り銀(5) 〜先手56銀型.2 (前回の記事)

第1-12図から (a) 45歩 (b) 16歩 を順に見て行きます。

第1-12図から
▲45歩 △52金 ▲46角 (第1-13図)

46角は八方睨みの好位置で、角換わりでは頻出の手です。

56銀との相性も抜群でかなり安定した位置と言えます。

第1-13図から
△64角 ▲同角 △同歩 ▲46角 △63金 ▲36歩 (第1-14図)

46角に73歩は受けになっておらず74歩と合わされて先手の攻めが加速します。

64角は唯一の受けで、対して55銀には35銀が返し技でこれは後手が指せます。

63金に対しては65銀という派手な手もあり激しくなります。

65銀35銀64銀46銀63銀成47角と一直線に進んだ局面がどうか。

後手も怖い恰好ですが、95角の筋もあり何とか残していそうです。

本譜36歩は35銀を消しつつ37桂を見せて自然な手です。

先手はこの後どんどん形が良くなっていくので、後手もぐずぐずしてはいられません。

動きます。

第1-14図から
△77歩 (第1-15図)

77歩が急所の叩きです。

対して88金は79銀77金88歩

同桂は76歩65桂72飛73歩同桂

いずれも後手良しです。

第1-15図から
▲同金 △76銀 (第1-16図)

従って77歩には同金の一手ですが、そこで76銀がごつい手

同金87飛成は後手優勢なので先手はこの銀を取ることが出来ません。

第1-16図から
▲78金 △87銀成 ▲83歩 △72飛 ▲77歩 △78成銀 ▲同飛 (第1-17図)

83歩は手筋で同飛なら72銀がありますが72飛とかわす手が幸便です。

先手は必至の防戦ですがかなり不安定な形になりました。

爽やかに決めます。

第1-17図から
△76歩 ▲同歩 △77歩 (結果図)

76歩から77歩が軽妙な攻めで決め手です。

以下同飛は86角、同桂は87金、88飛は76飛79歩87歩28飛86角

いずれも後手優勢です。

第1-12図から (a) 45歩 は36歩の瞬間に77歩同金76銀の強手が決まり後手優勢です。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA