嬉野流の潰し方(3)

↓前回の記事

第13図に戻り、(1)46歩の進行を見ていきます。

第13図から
▲46歩 △74銀 ▲88金 (第19図)

46歩で角筋を逃れることは出来ましたが、棒銀を受けるためにこのタイミングで88金と寄るしかないのが辛いところ。

先手の88金は8筋を受け止める非常手段としての悪形ですが、後手の74銀は中央での活用を期待できます。

この金と銀の働きの差がそのまま形勢差となります。

少し早いですが折角なので一度聞いておきましょう。

上図はまだ嬉野流ですか?

銀の進路を自ら閉じ、守りの要は端に追いやられ、活躍するはずだった角は身動きが取れない状況ですが、それでもまだ、あなたが愛してやまない嬉野流ですか?

後手の端角を追い払えば、右辺を盛り上げて活躍する余地がある?

わかりました、続けましょう。

第19図から
△32銀 ▲16歩 △31角 (第20図)

32銀が大事な一手
13角~22角とすれば2手損ですが、31まで引くことで手損を緩和しています。

先手は45歩と突きたい形ですが、75銀78玉13角と戻られて潰れます。

この筋がある為、先手はいつまで経っても46歩の形を解消できないのです。

第20図から
▲26歩 △34歩 ▲25歩 △33銀 ▲48銀上 △54歩 (第21図)

34歩~33銀で歩交換を許しません。

先手に歪な形を強いることに成功したので、先手からの動く手段を消しておけば差は開いていく一方です。

第21図から
▲36歩 △32金 ▲47銀 △52金 ▲37桂 △44歩 ▲58金 △41玉 ▲78玉 △43金右 (結果図)

第21図以降は一例ですが、妥当な進行でしょう。

後手は綺麗な金矢倉に組み上げ、86歩~42角~31玉~22玉や64歩~65歩など指したい手がいくらでもまります。

一方の先手は攻める場所もなければ、玉の囲い方もありません。

先手の主張が何もありません。

そして何より、これはもう嬉野流じゃないでしょう。

57の銀は4段目の歩を支え続けるために、早々と出ていったのですか?

どうして金が88にいるのですか?

3手目に引いた角は以降一度も動いていませんが、いったいそこで何をしているのですか?

以上が私からの初めましてのご挨拶です。

誇り高き嬉野戦士からの返答をお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました