嬉野流の潰し方(2)

↓前回の記事

前回は本戦法(端角棒銀と名付けます)の狙い筋を見てきました。

あまりにもうまく決まったので、今回は嬉野流側の修正手順を検討していきましょう。

ただし本記事では検討を打ち切る条件を2つ設けます。

1つは形勢にはっきりとした差が認められたとき

これは当然です。

今日の私はかなり平静を取り戻しているので、詰みまで研究するなんてことはしません。

そしてもう1つが「嬉野流と呼べなくなったとき」

初手68銀を愛している方、以降は棋理に沿った指し方をする方には触れません。

どうかそのまま初手68銀を指し続けてください。

ただし多くの方にとっての「嬉野流」とは「引き角+斜め棒銀で相手陣を突破または制圧する」ことを目標とした戦法のはずです。

端角棒銀を防ぐ為に46歩と構える、玉を整備して守勢に回る。

それはまだ「嬉野流」ですか?

その手を指すあなたの心に嬉野流の信念は生きていますか?

この問いに対する答えがYesでないなら、それはもうあなたにとって嬉野流ではありません。

そしてそんな戦法は後手にとっても怖くありません。

後手が嫌うのは先述した引き角+斜め棒銀を軸として主導権を握られる展開です。

それを早々に諦めてくれるのなら、後手からしても嬉野流ではないのです。

このことを前提として指し手を進めていきます。

第3図を再掲します。

第3図から
▲69玉 (第12図)

端角を直接緩和するなら、46歩と止めるのが自然です。

しかしそれには74歩69玉73桂48銀86歩同歩同飛87歩85飛のような展開を後手に許します。

形勢はともかくとしてわざわざ先手が選ぶ展開ではないでしょう。

83銀を見てから46歩と止めるのが勝ります。

第12図から
△83銀 (第13図)

上図から先述した(1)46歩の他に(2)66銀も考えられるので、こちらから見ていきましょう。

第13図から
▲66銀 △79角成 ▲同玉 △74銀 (第14図)

角換わりのような将棋になりました。

これは一局のようにも見えますが、結論から言うと既に後手優勢です。

理由ははっきりしていて、棒銀が受からないのです。

上図からのんびり26歩などとしていると75銀が決まります。

第14図から
▲48銀 △86歩 ▲同歩 △同飛 ▲87歩 △82飛(第15図)

74銀の進路がないようですが、8筋の歩を交換することで解決します。

第15図から
▲57銀上 △32金 ▲26歩 △85銀(第16図)

45角の防ぎと2筋への備えとして、一度だけ32金と手を入れておきましょう。

満を持して85銀と進軍します。

第16図から
▲88玉 △86歩 ▲同歩 △同銀 ▲87歩 (第17図)

8筋を守る88玉はこの一手ですが、お構いなしに86歩から進みます。

次の手はもうお分かりですよね?

第17図から
△同銀成 (第18図)

無論、突っ込みます。

第18図から
▲同金 △86歩 ▲同金 △同飛 ▲87歩 △82飛 (結果図)

86歩で金の逃げ場所がありません。

結局のところ銀金交換となり、結果図で後手の優勢を疑う人はいないでしょう。

この筋を避けるなら先手は26歩に代えて96歩と突くしかありません。

最後の86歩に97金とかわす手を作った意味です。

しかし今度は85銀88玉94歩として、59金(69角の防ぎ)に96銀の端攻めが厳しく刺さります。

以下同香95歩同香同香97歩83香と進みます。

この手が次に97香成同玉79角の一撃必殺を狙っています。

まともな受けは69金ぐらいですが、92飛98銀93桂と攻め続けていけば、潰れるまでにさほど時間は掛かりません。

ここでは98銀と使わせたことに満足して、42銀から玉を囲っても当然後手が指せます。

第13図から(2)66銀は棒銀が受からず後手優勢です。

↓次回の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました