33金型早繰り銀(24) ~先手棒銀.2~

↓前回の記事

第5‐3図に戻り(2)38角を見ていきます。

部分的な定跡で24歩同歩同銀27歩に同角を用意しています。

第5‐3図から
▲38角 △14歩 ▲24歩 △22飛 (第5‐5図)

対して後手の姿勢は変わりません。

14歩で催促して、22飛と回る形で受けます。

第5‐5図から
▲23歩成 △同飛 ▲同飛成 △同金 (結果図)

23歩成に同金とする手はもちろん有力で、以下26銀33金として後手十分の態勢です。

本譜はより明快にするべく飛車交換を迫りました。

結果図となっては次に15歩と28歩が非常に厳しい狙いとなっています。

両方受けるなら28飛ですが、以下22金26銀33桂で後手完封ペースです。

第5‐3図から(2)38角も14歩で後手優勢です。

最後に(3)36角を見ていきます。

第5‐3図から
▲36角 △45歩 ▲24歩 △22飛 (第5‐6図)

36角には45歩で角交換を防ぎ、36の角を負担にします。

この手を用意した直前の44歩でした。

ただし先手も14歩が来る前に突っ掛けることに成功したので手段が増えています。

第5‐6図から
▲23歩成 △同金 ▲25歩 (第5‐7図)

25歩と控えて打つのが手筋で、次に24銀となれば急に怪しくなります。

後手は23の金が狙われているため捌きにいきます。

第5‐7図から
△35歩 ▲18角 △34金 ▲26銀 △42銀 (結果図)

35歩~34金がぴったりの進軍

結果図となっては先手の飛角銀をまとめて抑え込んだ格好です。

以下は33銀~44銀~33桂としてひたすら右辺を手厚くする方針でいきましょう。

第5‐3図から(3)36角は45歩と抑えて後手優勢です。

15銀に54角と打った第5‐3図から(1)26飛(2)38角(3)36角のいずれも後手優勢となりました。

33金型早繰り銀相手に棒銀は33金+54角+22飛の形が守備力が高く無理があるようです。

後手としては「26銀に44歩」「15銀に54角」「24歩に22飛」のリズムさえ覚えておけば、多少形が変わろうとも対応できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました