33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(13) ~先手37桂型.6~

↓前回の記事 第3-16図から(2)35同歩を見ていきます。 なんとも堂々とした一着ですが、先手は余せると見ています。 第3-16図から▲同歩 △86歩 ▲同歩 △同銀 ▲同銀 △同飛 (第3-18図...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(12) ~先手37桂型.5~

↓前回の記事 テーマ図Cから(b)47銀を見ていきます。 この構えが先手の最善形、ラスボスです。 ここから先はどこまで行っても難しく、今のところ「先手良し」「後手良し」の結論を出せていません。 ...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(11) ~先手37桂型.4~

↓前回の記事 第3‐2図に戻って(2)55角を見ていきます。 第3‐2図から▲55角 △64銀 ▲66角 (第3‐5図) 55角に73歩と受けるのは74歩と合わされると結局64銀と手が戻ります...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(10) ~先手37桂型.3~

↓前回の記事 テーマ図Cを再掲します。 42玉型(テーマ図B)との大きな違いとして①45歩~44歩が厳しくならない②飛車が2筋まで通っていて、22飛や42飛が有効になりうるの2点が挙げられます。また一方で①...
33金型早繰り銀

33金型早繰り銀(9) 〜先手37桂型.2〜

↓前回の記事 第2-1図より後手が(b)54角 と設置する指し方を見ていきます。 第2-1図から△54角 ▲45歩 (第2‐3図) 54角は87の地点と36の桂頭を睨んで、33金型早繰り銀にお...
四間飛車

金無双急戦(10) ~先手46歩型.09~

↓前回の記事 先手46歩型の最終回です。 第0‐27図から②44同角を見ていきます。 第0‐27図から▲44同角 △同歩 ▲61銀 (第0‐32図) 44同角から61銀といきなり後手陣に...
四間飛車

金無双急戦(9) ~先手46歩型.08〜

↓前回の記事 下図は第0‐8図から(2)55歩まで (d)79飛→44銀を本譜として掘り下げます。 第0‐8図から▲55歩 △79飛 ▲54歩 △44銀 (第0‐27図) ここからの先手...
四間飛車

金無双急戦(8) ~先手46歩型.07~

↓前回の記事 下図は第0‐8図から(2)55歩まで (b)69飛→44銀第0‐8図から▲55歩 △69飛 ▲54歩 △44銀 (第0‐22図) (b)69飛→44銀は4通りの中で唯一後手がはっ...
四間飛車

金無双急戦(7) ~先手46歩型.06~

↓前回の記事 第0‐8図まで戻り、(2)55歩とする手を見ていきます。 ※本記事以降は手順の難しさが一段上がります。とりあえず金無双急戦を指してみたいと言う方は「下図まで進んでいい勝負」という認識で大丈夫です。 ...
四間飛車

金無双急戦(6) ~先手46歩型.05~

↓前回の記事 第0‐9図に戻り②37桂と桂で銀を取りに行く指し方を見ていきます。 こちらの方が①46歩に比べて攻撃力がある一方、守りの桂が居なくなって囲いの強度は落ちます。 後手の失敗例から見ていきま...
タイトルとURLをコピーしました