33金型早繰り銀(4) 〜先手56銀型.1〜

↓前回の記事

 

今回からテーマ図A以降の進行に移ります。

ここから先手の手段として (1) 66歩 (2)同歩 を順に見て行きます。

テーマ図Aから
▲66歩 △76歩 ▲同銀 △86歩 ▲同歩 △同飛 ▲87金 △82飛 ▲86歩 (第1-9図)

66歩は銀交換を避けた手ですが、7,8筋の歩を交換されて先手陣が大きく歪むので妥協した感じは否めません。

第1-9図は既に後手模様良しですが、次の一手が大切でこれを逃すと途端に難しくなります。

第1-9図から
△54歩 (第1-10図)

54歩が絶対の一手です。

代えて32玉などとするとすかさず65歩と突かれて以下、73銀77桂(下図)となった局面は先手に「厚み」の主張ができます。

後手はこの6~8筋の厚みを崩すのには繊細な手順が必要で、軽い手ではたちまち跳ね返されてしまいます。

また先手からは66角と据える手が絶好で、以下37桂から45桂という展開は33金型を咎められており、これを受けきるのは至難の業です。

したがって54歩は必要不可欠です。

54歩に対して65歩と来るのは、待ってましたとばかりに55銀とぶつけます。

以下同銀同歩(下図)となった局面は66角や56歩の傷があり、左の金銀が全く働かない展開となりそうでとても先手はまとめきれません。

さて54歩と突かれた第1-10図では、実は先手の指し手が非常に難しいのです。

やりたいのは36歩〜37桂〜45桂でこれが実現すれば先手十分となりそうです。

しかしすぐにやると37角の王手飛車を食らうので、一回は玉を動かす必要があります。

68玉が最も自然ですがこれには88歩(下図)と動きます。

以下同金86飛87金82飛86歩88歩で千日手模様、先手がこれを打開するのは不可能でしょう。

この段階での千日手はもちろん後手大歓迎、してやったりの展開です。

69玉は88歩なら同飛で踏ん張る狙いですが、今度は55銀が利きます。

同銀同歩はやはり先手がまとめ切れないので67銀右と引きますが、そこで46銀(下図)が57銀成の先手で入ります。

これは69玉が祟っており、上図となっては後手十分です。

88歩を避けつつ後手玉への反撃を目論む77桂を本譜とします。

第1-10図から
▲77桂 △32玉 ▲68玉 △75歩 ▲67銀 △42銀 (結果図)

68玉に桂頭を押さえてから陣形を引き締めて結果図

後手陣はかなり安定しているのに対して先手陣はばらばらで攻め形も作れていません。

後手有利と言える差かどうかは難しいですが、①88歩同金86飛 ②55歩47銀54角 ③55銀47銀76歩 のように攻め筋が豊富にある後手が勝ちやすい展開でしょう。

テーマ図Aから (1) 66歩 は、第1-10図の54歩が好手で後手が模様の良さを保ったまま進められます。

↓次回の記事

33金型早繰り銀(3) 〜55角問題〜

前回の記事で触れた「55角問題」に挑みます。

33金型早繰り銀(2) (前回の記事)

下図は後手陣に隙ありと見た先手が55角と放った局面です。(第1-4図とします)

この角で先手が良くなれば33金型早繰り銀が戦法として破綻しています。

第1-4図から
△73銀 ▲24歩 △同歩 ▲33角成 △同桂 ▲24飛 (第1-5図)

第1-5図までは必然の進行です。

第1-5図から
△22銀 ▲23歩 △31銀 (第1-6図)

22銀と銀で受けて23歩と打たせることで先手の飛車先を重くするのがポイントです。

第1-6図から先手には (a)21金 (b)34飛 の二通りの攻め方が考えられるので順に見て行きます。

第1-6図から
▲21金 △45桂 ▲31金 △57桂成 (第1-7図)

21金には気持ち良く45桂と跳ねて行きます。

これに先手が48銀と受けるのは以下、32銀22歩成21銀同と57桂成同銀35角(下図)で後手優勢です。

途中32銀から銀を捌いておくのが大事で、これを怠ると最後の35角に34飛が銀取りになります。

48銀は受けにならないので先手も31金から攻め合いますが、玉頭に大きな拠点ができました。

先手は歩切れなのが泣き所です。

第1-7図から
▲22歩成 △47成桂 ▲32と △57角 ▲22飛成 △62玉 (結果図)

22歩成は遅いようですが、先手は飛車を成り込まないことには攻めになりません。

対して47成桂から57角が厳しい攻め、次に24角と39角成を狙っています。

22飛成は一度詰めろで入りますが、62玉とかわして結果図。

先手は39角成を受ける必要がありますが、48銀は同成桂同金同角成同銀69角(下図)で寄り形です。

無理やり受けるなら48銀打ぐらいですが、同成桂同銀46角成(下図)と自然に進めて後手優勢です。

先手は攻め駒が少ない上に渋滞しています。

33とがやりたい手ですが、すかさず71玉と引かれて飛車を渡すと先手玉は持ちません。

先手玉もすぐには寄りませんが、後手玉の安全度が測りやすいため、先手の攻めを丁寧に見つつゆっくり攻めれば、先は長いですが後手が負けない将棋です。

第1-6図に戻り(b)34飛 を見て行きます。

第1-6図から
▲34飛 △42玉 ▲24飛 △35角 ▲28飛 △26歩 (第1-8図)

34飛に42玉は不安定ですがこの一手の受け、代えて32歩では24飛と戻られて2筋が受かりません。

42玉に21金は25角24飛15角(下図)と飛車を捕獲して後手優勢です。

しかし42玉と受けさせてから24飛と戻るのが巧妙な指し方。

24飛に21歩と打てば局面は収まりますが、これには先手も58玉と立って傷を消しておきます。

上図は角と金歩の交換ですが玉型が大差なことに加え、先手からは桂頭攻めという明確な目標があります。

互角の範疇かもしれませんが実戦的にかなり後手が勝ち辛い将棋と言えます。

したがって後手も強気の受けで飛車を押さえ込みに掛かります。

第1-8図から
▲68玉 △27角 ▲38銀 △54角成 ▲34金 △45馬 ▲35金 △同馬 (結果図)

後手は馬を作ることに成功しましたが、先手も駒損を回復して迎えた結果図は一局の将棋としか言いようがありません。

後手の馬を手厚いと見るか不安定と見るかでかなり好みが分かれそうな局面です。

個人的には若干ながら後手持ちです。

以上より、第1-6図から (a)21金 は後手優勢 (b)34飛 は一局の将棋 となりました。

先手から55角と打たれても後手が悪くはなりません。

したがって「55角問題」はこれにてクリアしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33金型早繰り銀(2)

↓前回の記事

後手番で早繰り銀をする為には「二手稼ぐ」ことが必要だと前回の記事で説明しました。

今回はその理屈を説明します。

下の図をテーマ図Aとし、テーマ図Aまでの手順を見て行きます。

初手から
▲26歩 △84歩 ▲76歩 △85歩 ▲77角 △34歩 ▲68銀 △32金 ▲78金 △62銀 (第1-1図)

何の変哲も無い角換わりの出だしですが、図の62銀で定跡を外れます。

ここは77角成同銀22銀として2筋の歩交換に備えるのが一般的です。

後手は25歩にどうするのでしょうか?

第1-1図から
▲25歩 △33角 ▲同角成 △同金 (第1-2図)

25歩に77角成同銀22銀と進めば「飛車先切らせ型角換わり」、74歩24歩同歩同飛73銀と進めれば「極限早繰り銀」と呼ばれている戦法です。

本譜は33角同角成同金と金で24歩を受けます。

一般的に悪型とされている33金型ですが、手数だけで言えば後手は一手得です。

この手得が本戦法の根幹を成しています。

なお先手は33角を取らずに48銀と進める指し方もありますが、これにはすかさず42銀と上がります。

上図は先後ともに角交換をしにくく、ここからは角換わりや雁木をはじめとする様々な戦型を含みにした全く新しい序盤戦が始まります。

これについてはかなり重要かつ面白い内容なのでまたの機会に紹介します。

本譜に戻ります。

第1-2図から
▲77銀 △74歩 ▲48銀 △73銀 ▲46歩 △64銀 (第1-3図)

後手は居玉のままずんずん銀を繰り出します。

これは意地を張っているわけでは無く、先手からの速攻に備えている意味があります。(また説明します)

先手は例によって一直線に腰掛け銀に組みます。

第1-3図から
▲47銀 △42玉 ▲56銀 △75歩(テーマ図A)

さあ75歩と突っかけてテーマ図Aです。

先手はここで65歩と突きたいのですが歩はまだ67にいます。

先手はここまで無駄な手を指していません。

すなわち後手は「二手稼ぐ」ことに成功した訳です。

そのカラクリは後手の玉型にあります。

後手の金銀は33金・31銀の形ですが途中の1手得を計算しなければ32金・31銀の形です(仮想図1)

一般的な早繰り銀では金銀は32金・33銀の形となっています(仮想図2)

つまり後手は銀の移動を二手分省略し、手得した一手で金を33に上がり飛車先を受けています。

これが後手が「二手稼ぐ」方法で、後手ながら早繰り銀が「間に合っている」仕組みです。

テーマ図Aからは
(1)66歩76歩同銀で7,8筋の歩交換を甘受する
(2)75同歩同銀24歩同歩25歩で反撃する
の二通りの指し方が考えられます。

それらの展開を見て行きたいところですが、その前にどうしてもやらなければいけないことがあります。

皆さん本譜で一箇所引っ掛かる局面はありませんでしたか?

後手が74歩と早繰り銀を目指した局面です。

ここで55角は大丈夫なのでしょうか?

普通は無理筋ですが33にいるのは銀ではなく金です。

角金交換で2筋で戦果が上がれば十分成立してそうです。

次回は本戦法を指す上で避けては通れない「55角問題」に挑みます。

↓次回の記事

37桂システム(3)

基本図を再掲します。

今回はここから (c)54銀を見ています。

対して46銀と出るのは狙いの一手ですが、65銀(A図)と出られて後手の銀の出足が早いイメージです。

65銀に代えて64歩(B図)としてくれれば先手も35歩と仕掛けて十分に戦えます。

先手はなんとかしてA図を回避してB図に誘導したいのです。

そのために手順を工夫します。

基本図から
△54銀 ▲66銀 △64歩 ▲55銀 (第11図)

66銀から55銀とぶつけていくのが真新しい指し方。

ここで ①同銀 ②65銀 ③63銀が考えられます。

①同銀 は以下同角63金24歩同歩35歩同歩34銀(下図)が予想される進行。

36歩から桂を取られるので銀桂と角の二枚替えですが、飛車の成り込みが見込めて先手まずまずでしょう。

②65銀 は以下64銀76銀55銀(下図)と進めてどうか。

後手の調子が良いようにも見えますが先手からは次に24歩同歩22歩と24歩同歩35歩の狙いがあり、64桂の傷もあって難しい局面です。

③63銀 が最も自然な対応。

と言うのも、これで先手からの手段が無いように見えるからです。

第11図から
△63銀 ▲46銀 △54銀 (第12図)

先手の銀はもう進めないので46銀とこちらに引いて次に24歩同歩35歩を見せます。

対して54銀が自然な応手ですが、第12図はなんとB図そのものです。

66銀と出て64歩を誘ってから銀を46まで引き戻した結果、先手後手ともに銀の動きで2手損しておりB図を実現することができました。

この一連の手順は先手の銀が57→66→55→46とぐるぐる回ることから「ぐるぐる銀」と呼んでいます。

なかなかの語呂の良さで気に入っています。

第12図から
▲24歩 △同歩 ▲35歩 △45歩 ▲33角成 △同桂 ▲57銀 (第13図)

35歩に対して (ⅰ)同歩 は最悪で以下、同銀36歩34歩22角24銀37歩成同銀(下図)と進めて先手大優勢です。

37歩成に同銀と取れるのが左銀急戦の利点です。

35歩に (ⅱ)43銀 は二手損ですが実戦的な手順で有力です。

以下、26飛32飛34歩同銀36飛(下図)と進みます。

ここで (α)45歩 と (β)22角 がありそうです。

(α)45歩 は33角成同飛45桂同銀同銀36飛同銀(下図)

(β)22角 は34飛同飛23銀36飛22銀不成(下図)

とそれぞれ進めてどうか。

まだまだ難しいですが駒得が大きく、個人的にはどちらも少し居飛車持ちです。

本譜は45歩から決戦です。

第13図から
△35歩 ▲24飛 △36歩 ▲34歩 △37歩成 ▲同銀 △15角(第14図)

15角で両取りを掛けられましたが承知の上です。

第14図から
▲21飛成 △37角成 ▲33歩成 △44飛 ▲31龍 (第15図)

先手は瞬間的に銀損ですが31龍が狙いの一手、次に42とが金と馬の両取りです。

第15図から
△19馬 ▲34と △42飛 ▲24角 △41香 ▲33歩 (結果図)

19馬は42とを防いで仕方のないところですが、今度は34とから飛車を狙う手が厳しく結果図は先手優勢です。

基本図から (c)54銀 は最有力ですが先手も手順を尽くせば戦えます。

以上で37桂システムの解説を終わります。

従来の急戦と比べて右桂が捌きやすいので実践的な勝やすさも魅力です。

急戦党のみなさんはぜひ一度お試しあれ。

*補足*

①66銀に12香のような手は55歩43銀65銀(下図)としておけば後手は指す手がありません。

したがって66銀には後手も64歩の一手となります。

②本譜は手順を明快にする為55銀63銀46銀54銀24歩としていますが、55銀63銀24歩同歩46銀とした方が24歩に同角の変化を消しているため少しお得です。

③第11図から63銀46銀に74歩は以下、24歩同歩35歩45歩同桂88角成同玉44歩53桂成同金24飛(下図)と進めて先手優勢です。

玉頭銀が来なければ先手は怖いところがありません。

37桂システム(2)

基本図を再掲します。

ここから (b)64歩を見ていきます。

基本図から
△64歩 ▲55角 △63金 ▲45桂 (第5図)

64歩には45桂の飛び膝蹴りをかまします。

直前の55角は後手の63金型が不安定なので利かしになると見ています。

第5図から
△同歩 ▲33角成 △同桂 ▲24歩 △同歩 ▲同飛 (第6図)

先手は桂損の代償として飛車先の突破を確定しました。

第6図から22歩は31角32飛22角成で二枚飛車の攻めが厳し過ぎます。

第6図から
△46歩 ▲同銀 △54銀 (第7図)

飛車先を軽くして玉頭銀に出るのは、振り飛車党ならこうやってみたくなるところでしょうがここでは疑問手。

次の一手で居飛車の優位がはっきりします。

第7図から
▲88角 (第8図)

飛車成りを保留しての88角が好手です。

以下45桂には11角成65銀33馬の要領です。

第8図から
△43飛 ▲22飛成 △65銀 ▲33角成 △同飛 ▲同龍 △76銀 (第9図)

43飛は最善の受けですが先手は飛桂を手にして駒損を回復しました。

二枚飛車の攻めは受からないので後手はここから猛反撃に出ます。

先手も受けきるのは大変なので引っ張り込んで右辺に逃げていきます。

第9図から
▲77歩 △86桂 ▲同歩 △87角 ▲68玉 △88角 ▲59玉 △77銀成 ▲31龍(結果図)

長くなりましたが結果図まで進んで先手の勝ちが見えてきました。

後手の攻め駒は渋滞気味ですが、先手は飛車を下ろしてしまえばそれまでです。

第6図まで戻ります。

ここで自然に見えた46歩から54銀が疑問手。

狭いようですが先手からの88角を防ぎつつ、33の桂に紐を付ける44角が最善です。

第6図から
△44角 ▲66銀 △54歩 (第10図)

66銀に代えて66角には同角同歩65歩(下図)が嫌味です。

先手はすんなり飛車を成り込めますが後手には用意の順があります。

第10図から
▲21飛成 △65歩 ▲77銀 △55歩 ▲同歩 △同角 (結果図)

銀を引かせてからの55歩が筋の一着で結果図まで進めば44に打った角が十分に働いて振り飛車も軽い形です。

一方居飛車も龍を作って、次に24歩が確実な手となるので仕掛けた甲斐はあったと言える局面です。

結果図はいい勝負で人によって好みが分かれそうな局面です。

ポンポン桂はその名前のポップさから奇襲戦法の一種として捉えられがちな戦法ですが、本譜を見ていただけば分かるように立派な急戦の一つとして成立しています。

次回は基本図より (c)54銀を見ていきます。