叡王戦本戦 渡辺(大)ー菅井戦

渡辺大夢五段は予選から4連勝でここまで勝ち上がってきています。

本戦トーナメント2回戦で佐藤名人に頓死を食らわせて大逆転勝ちの将棋が鮮烈でしたね。

菅井竜也七段も本戦で羽生竜王、行方八段と強敵を連続で破ってきています。

そして振り駒で菅井先生の後手番、こうなると戦型を期待せずにはいられないですね。

初手から
▲26歩 △34歩 ▲25歩 △33角 (第1図)

やはり、と言うべきか。

例によって菅井先生対策に3手目25歩を持ってきました。

第1図から
▲76歩 △42銀 ▲48銀 (第2図)

さあここが一つ目の注目ポイントです。

菅井先生は振り飛車で挑むのか、居飛車で戦うのか。

△84歩 ▲33角成 △同銀 ▲88銀 (第3図)

菅井先生は居飛車で戦う意志を見せました。

渡辺先生も時間を使わず33角成。

そして迎えた第3図は例の局面

3手目25歩に論理はあるか(5) (昨日の記事)

ここで22飛と回れないかというのが昨日の記事のテーマでした。

淡い期待を抱いてはみましたが

第3図から
△72銀 ▲77銀 △83銀 ▲36歩 (第4図)

まあ世の中そんなに上手いことは出来ていません。

私が昨日話した手を、菅井先生が今日公式戦で指すなんてそんな夢みたいな話はありません。

それにしても後手の83銀はどうも妙な感じです。

これはひょっとして…?

第4図から
△22飛 (第5図)

またまたやってくれました!

陽動角交換振り飛車とでも言いましょうか。

角交換振り飛車を嫌う3手目25歩に角交換振り飛車をかますさまは何度見ても痛快ですね。

ここで65角が気になりますが74銀43角成52金右で馬が御用です。

65角が打てないとなれば先手は駒組みを進めるしかありませんが、72金と締まれば後手陣はもう安泰、以下二手得を頼りに悠々と駒組みを進めます。

とは言ってもあくまでそれは理屈の話、気分と条件は良いですが実際に指せばもちろん一局です。

そして渡辺先生も面白い駒組みを見せてくれます。

局面を進めます。(第6図とします)

右辺はそれほど違和感がないですか66銀が一風変わった一手。

先手の狙いは何処にあるのでしょうか。

第6図から
△63金左 ▲86歩 △74歩 ▲77桂 △33桂 (第7図)

77桂まで進んで先手の構想が見えてきました。

これは次に89飛の地下鉄飛車を狙っています。

実はこの駒組みはアマチュアの間では有名な角交換振り飛車対策で、ここ一年ぐらいで市民権を得てきた印象です。

38金型で角打ちの隙をなくして玉頭方面でポイントを上げようという発想ですが、玉が薄くなりやすく、指しこなすのはなかなか難しいところです。

対して菅井先生の33桂が波紋を呼ぶ一手。

先手には56角の手段が生じています。

第7図から
▲56角 △54角 ▲34角 △76角 ▲56銀(第8図)

誘われているようですが渡辺先生は堂々と56角、当然菅井先生も想定内で54角が切り返しです。

43角成を防ぐと同時に76角で一歩を取り返して8・9筋からの攻めを見ています。

以下35歩45歩から戦いとなりました。

局面を進めます。

先手の桂得ですが玉の安定度に大きな差があり難しい局面です。

この95歩に同歩は98歩があるので68桂などが予想されていましたが渡辺先生はなんと同歩と取り、以下98歩85歩で玉頭から襲いかかりました。

局面を進めます。(第9図とします)

激しい攻め合いとなってこの局面が本局のハイライトです。

先手玉は右辺が広くて捕まえづらく、後手玉への攻めは分かりやすいので後手苦戦かとも思いましたが、次の一手が好手かつ決め手でした。

第9図から
△26香 (第10図)

空間に放り込んだ26香が絶妙手。

5分の考慮時間で放たれていることから見ても、随分前から狙っていたものだと思われます。

第10図から
▲同飛 △38歩成 ▲43歩成 △96馬 ▲58玉 △78馬 ▲48金 △37金 ▲同金 △同と まで(投了図)

以下は手続き、96馬が詰めろで入っては勝負ありです。

菅井先生が抜群の切れ味で寄せ切りました。

最後に一局を振り返ってみます。

序盤は3手目25歩に対し菅井先生がまたもユニークな順で角交換振り飛車を実現。

谷川戦に続いて3手目25歩を完全に咎めていると言っていいでしょう。

そして渡辺先生も注目の駒組み、地下鉄飛車こそ実現しませんでしたが有力な対策であることは間違いなさそうです。

中盤以降は難しい戦いで先手の玉頭攻めもかなりの迫力でしたが、終盤の26香一発で菅井先生がKOした印象です。

さあ3手目25歩に対し菅井先生は角交換振り飛車で2連勝。

そろそろ先手も3手目25歩を使いづらくなってくるんじゃないでしょうか。

そして26歩34歩に76歩と角が向かい合ったとき、そこは菅井先生の土俵です。

次はいったいどんな新構想を見せてくれるのか。

一ファンとして、菅井先生の今後の活躍がただただ楽しみです。

3手目25歩に論理はあるか(5)

3手目25歩に論理はあるか(4) (前回の記事)

最終回です。

図は谷川ー菅井戦の68銀に代えて88銀とした局面

ここで22飛が成立するのではないかというのが今回のテーマです。(テーマ図とします)

さてここから先手が68玉などと穏やかに指すと以下72金78玉82銀46歩83銀が進行の一例

これは通常形に比べて二手得の後手が十分な展開でしょう。

したがって先手はテーマ図から動いていきたいところです。

(1)83角 (2)65角 を順に見て行きます。

テーマ図から
▲83角 △74角 ▲同角成 △同歩 ▲83角 △85角 (第1図)

二度目の83角で後手が困ったようですが85角と切り返して角が狭いのはお互い様です。

次に72銀と角を取られてはいけませんから先手は85の角をどかして74角成を狙います。

第1図から
▲86歩 △76角 ▲78金 (第2図)

78金に代えて74角成とするのは67角成とされて桂当たりです。

以下79金とするしかないですがこれでは形が苦しく先手不満です。

78金と一度受けてから次に74角成を狙います。

第2図から
△72飛 ▲同角成 △同銀 (結果図)

74角成を受けて72飛はこの一手です。

角飛車交換となって結果図

先手は飛車を手にしましたが後手陣に隙はありません。

以下46歩44歩47銀73桂77銀54角のような進行が考えられます。

一局と言ってしまえばそれまでですが、先手の方が気を使う展開でしょうか。

一歩得の実利は大きいです。

テーマ図から (1)83角は手将棋ですが後手も十分に戦えます。

次にテーマ図から (2)65角を見て行きます。

テーマ図から
▲65角 △32金 (第3図)

65角にはダイレクト向かい飛車の要領で74角と合わせるのも有力ですが、32金が面白い指し方。

83角成で歩が取られないこと、先手の歩が25まで伸びていることに目を付けた一着です。

狙うはみんな大好き逆棒銀です。

第3図から
▲83角成 △24歩 ▲同歩 △同銀 ▲38金(第4図)

後手は居玉で逆棒銀を決行して気分は上々です。

先手が角を手放しているので15角の筋に気を使わなくて済みます。

38金は仕方のないところで代えて36歩では27歩同飛55角で決まります。

第4図から
△27歩 ▲同金 △45角 ▲68玉 △35銀 (結果図)

38金にも後手は攻め手を緩めません。

27歩と叩いて同飛には45角があるので同金ですが、それでも45角が痛打。

67角成を許すわけにはいかないので68玉と受けますが、結果図となっては後手の攻めが決まっています。

以下26歩にも同銀同金27歩、先手はとても持ち堪えられません。

テーマ図から (2)65角は32金〜24歩の逆棒銀が気持ち良く決まって後手優勢です。

まとめるとテーマ図から (1)83角は一局 (2)65角は後手優勢 となりました。

どうやら88銀に22飛は成立していそうです。

 

いかがでしょうか全国の振り飛車党のみなさん。

こちらが振り飛車党なのを見越して3手目に25歩と突いてくる居飛車党相手に思い切って84歩と突いてみませんか?

相居飛車なら負けないと思って角を換えてきたらしめたもの。

22飛と向かい飛車にしてやつらの度肝を抜いてやろうじゃありませんか。

3手目25歩に論理はあるか(4)

3手目25歩に論理はあるか(3) (前回の記事)

迎えた順位戦B級1組11回戦、菅井先生はここまで2勝7敗で残留を目指す上での大一番と言えます。

先手は谷川先生です。

初手から
▲26歩 △34歩 ▲25歩 △33角 ▲76歩 (第1図)

谷川先生の作戦は3手目25歩でした。

第1図から
△42銀 ▲48銀 (第2図)

ここで54歩や44歩なら振り飛車が濃厚です。

第2図から
△84歩 ▲33角成 △同銀 ▲68銀 (第3図)

菅井先生は84歩、羽生戦に続き居飛車で戦う意思を見せました。

対して谷川先生は9分の小考で33角成、飛車先を受けずに戦う展開と比較したものだと思われます。

菅井先生が84歩型を活かす構想を見せてくれるのか、どきどきしながら観戦していましたが次の一手は想像すらしていませんでした。

第3図から
△22飛 (第4図)

やってくれました。

角交換振り飛車を封じる狙いの3手目25歩に対し角交換振り飛車を実現しました。

しかもこの向かい飛車はこのまま収まってしまえば、従来の角交換四間飛車と比べて①先手から角交換している②四間飛車に途中下車していない で二手得です。

警戒して封じたはずの相手がより強力になって目の前に現れたのですから先手からしたらたまったものじゃありません。

実戦もその手得が存分に活きる進行となりました。

局面を進めます。

先手が6筋に位を張った局面ですが、後手の銀冠が完成しているのに対して先手は玉周りに不安があります。

これが後手が通常の角交換四間飛車だとすると78金・68金右の二手が入っている計算ですから先手玉の強度がまるで違います。

いかに序盤の二手得が大きいかがわかるでしょう。

そして実戦は上図からから54歩。

53角と打たせて玉頭の厚みで勝負する見事な構想で、結果も菅井先生の快勝となりました。

さあ、というわけで角交換振り飛車封じの3手目25歩に対して、菅井先生は素晴らしい構想で角交換振り飛車を実現し先手の3手目25歩を完全に咎めて勝利を収めました。

…とこうまとまればいいのですが、話はそう上手くはありません。

勘のいい方はお気づきでしょうが33角成同銀となったこの局面

ここで88銀とすればいいのではないかと。

即ち本譜で68銀22飛に83角と打つと88角と打たれて先手が困ります。

しかし68銀に代えて88銀なら22飛には83角で先手がいいのではないか?

これについては他ならぬ菅井先生が局後の感想で「68銀を見て22飛とした、88銀なら居飛車になるところ」と仰っています。

だったら今まで4回も掛けて何を説いてきたんだバカヤロウという声が聞こえてきます。

さてと

ここからが本題です。

88銀に22飛ってありませんか?

次回に続きます。

3手目25歩に論理はあるか(3)

3手目25歩に論理はあるか(2)(前回の記事)

3手目25歩に対し振り飛車で挑み続けた菅井先生ですが、遂に居飛車で対抗する日が来ました。

12/16放送のNHK杯3回戦、対するは羽生善治竜王(当時)です。

初手から
▲26歩 △34歩 ▲25歩 △33角 ▲76歩 △42銀 ▲48銀 △32金

48銀に84歩で後手が角換わりを志向したらどうなるかという話をしてきましたが、菅井先生は32金と指しました。

これは84歩よりも含みを持たせた手で雁木や力戦調の振り飛車になる可能性も残しています。

局面を進めます。

実戦は菅井先生が居飛車を確定させるも飛車先を突かずに進めました。

そして迎えた上図、84歩とこのタイミングで飛車先を突きました。

さてここが問題の局面です。

第1回の記事で述べたように、後手の飛車先交換を防ぐにはここで33角成が必要です。

しかしそれでは84歩型を維持している後手が通常の角換わりより理論的に得をしており、3手目25歩は菅井先生への実戦的な対策であって、そこに論理はないことを認めることになります。

一方例えばですが37桂85歩68玉のように進め、飛車先交換を許す代わりに早い動きを見せるのであれば、それは3手目25歩に論理を持たせたことになります。

羽生先生の選択は33角成でした。

数手進めます。

この局面で菅井先生は85歩と突き、形の上では通常の角換わりに戻りました。

ここまで85歩を保留したことにより駒組みの段階で先手の有力な変化を消していたのか、そもそも3手目25歩を咎めるつもりは無く角換わりの後手番をやるつもりだったのか、咎めるつもりで研究してきた形から外れてしまったので通常形に戻したのか、はたまた84歩型は見た目だけの得で実際に84歩型を後手が活かす変化は存在しないのか。

この辺りは菅井先生にしかわからないところで、私の棋力では推測することも到底できません。

しかし、あくまで結果的に見て「菅井先生は3手目25歩に対し居飛車で挑んだが、直接的にそれを咎めるには至らなかった」とは言えるでしょう。

後日行われた順位戦B級1組9回戦、畠山鎮七段との対局では、畠山先生の3手目25歩に菅井先生は振り飛車を採用し敗れています。

こうした状況で迎えたのが1/10の順位戦B級1組11回戦、相手は谷川浩司九段です。

続きます。

3手目25歩に論理はあるか(2)

前回の続きです。

3手目25歩に論理はあるか(1)(前回の記事)

久保先生と菅井先生が3手目に25歩と突かれることが特別多いと前回の最後に述べました。

二人の共通点は明白で「棋界トップクラスの振り飛車党」です。

さらに言うと、両者ともゴキゲン中飛車と角交換振り飛車を武器にしています。

もちろん三間飛車や四間飛車も指されますが、振り飛車党にとってゴキゲン中飛車は長い間後手番の絶対的エース戦法でしたし、菅井先生が斬新な角交換振り飛車で羽生先生から王位を奪取したことは記憶に新しいでしょう。

これらを封じられる3手目25歩の恩恵は確かに大きそうです。

菅井先生の2018年4月〜12月の公式戦32局のうち、棋譜DB2で棋譜が見つかった30局を調べてみました。

先手番が11勝3敗、後手番が3勝13敗という成績でした。

驚きました。

後手番で苦労されているというイメージは確かにありましたが、ここまではっきりと数字に出ているとは想像していませんでした。

そして菅井先生が後手番となった16局のうち先手が3手目25歩を選択したのが10局ありました。

結果は菅井先生の0勝10敗。

3手目25歩は残酷なまでにその効果を発揮しています。

プロ棋士は勝つのが仕事ですから、ここまでの実戦的な効果があるのなら多少の理論的かつ潜在的な損には目を瞑る判断をするのも仕方ないのかなと思います。

一方、菅井先生も3手目25歩に対し振り飛車を指し続けてきました。

菅井先生は振り飛車党と述べましたが、正確には振り飛車中心のオールラウンダーです。

今年度も数こそ少ないですが角換わりを指しています。

つまり3手目25歩に対して居飛車を選択することは出来たはずです。

それを何故しなかったかは私にはわかりません。

ただ居飛車をやらないならと、先手が3手目25歩を選びやすくなっているのは間違いありません。

もし菅井先生が居飛車を採用し、角換わりで84歩型が活きて作戦勝ちとなる将棋になれば先手も3手目25歩を採用しづらくなるでしょうから、そのメリットはかなり大きいはずです。

そしてそのタイミングを狙っていたのでしょうか、3手目25歩に対して頑なに振り飛車を指し続けた菅井先生が居飛車で戦う対局が現れました。

12月16日放送のNHK杯3回戦、相手は羽生先生です。

続きます。

3手目25歩に論理はあるか(1)

26歩34歩に25歩と突く作戦があります。

33角に76歩として後手の作戦を限定させる狙いです。

横歩取りと一般的な角交換振り飛車は選択肢から消えます。

42銀と上がればゴキゲン中飛車には出来ますが、丸山ワクチンを手損なしで出来る等通常型より先手の選択肢が増える一方、後手は42銀を決めているので選べる形が限定されます。

良い事だらけのようですが重大な構造的問題を抱えています。

後手が角換わりを志向してきたときです。

即ち初手から▲26歩△34歩▲25歩△33角▲76歩△42銀▲48銀△84歩と進む展開です。

ここで78金とすると85歩と突かれて先手は飛車先交換を許すことになります。

もちろんこれはこれで一局で以下▲36歩△32金▲37銀△86歩▲同歩△同飛▲46銀が一例です。

飛車先を交換させる代償に先手は足早に右銀を繰り出し攻めの態勢を作ります。

数年前から増えてきた指し方でこれは3手目に25歩と突いて33角を決めさせたからこそ可能な戦法です。

言うなればこの指し方には論理があります。

しかしながら84歩には33角成同銀88銀として角換わりにしてしまう指し方が主流です。

そしてこれこそが3手目25歩の構造的問題です。

通常の角換わりでは先手26歩型、後手85歩型で駒組みが進みます。(下図は組み上がりの一例)

しかしながら3手目25歩から角換わりにした場合には先手25歩型、後手84歩型となります。(下図は組み上がりの一例)

先手の25歩型はともかくとして後手の84歩型は85桂の余地があって明らかに後手の得です。

84歩型で進めたいがために一手損角換わりなる戦法が生まれたほどです。

即ち3手目25歩からの角換わりは通常の角換わりに比べて先手は理論的に損をしています。

言うなればそこに論理はありません。

(これが実際に損になるのか、具体的に後手が85桂と跳ぶような展開を見せて局面を有利に運べるのかは別問題であることは断っておきます。)

ところがこの「論理のない3手目25歩」がプロ棋士の対局で頻出しています。

アマチュアなら持ち時間が短いこともあり、実際に84歩型を活かされることはそう多くはないでしょう。

この場合自分の得意型に持ち込むことの方が大きいと見るのは十分理解できます。

しかしながら何故プロ棋士が序盤で損をするリスクを取ってまで3手目25歩を選択するのでしょうか。

理由は対局相手にあります。

後手番を持った時に、他の棋士に比べて明らかに3手目に25歩と突かれることが多い棋士が二人います。

久保利明先生と菅井竜也先生です。

続きます。

懐かしの戦法たち(1) ー角換わり棒銀ー

私が一時期愛用していて、今は指さなくなった戦法たちをちょっとした思い出話とともに振り返っていきたいと思います。

どうかお付き合いください。

第1回は角換わり棒銀。

3年前の私に「なぜ将棋をするの?」と聞くと「棒銀を指すため」と答えるでしょう。

相掛かり棒銀、対四間飛車棒銀、矢倉原始棒銀、当時はとにもかくにも棒銀で行っていました。

その中でも角換わり棒銀への思い入れは格別のものがあります。

定跡の進行ですがここから73銀15銀54角38角と進む将棋をJ氏と、74歩に代えて64歩が入った局面から14歩16歩63銀15歩と進む将棋をH氏と、大学時代にそれぞれ50局以上は指したと思います。

今思えば二人ともよく飽きずに相手してくれましたね(笑)

73銀の進行に私が角換わり棒銀を辞めた手順があるので少し進めていきます。

上図から
▲73銀 △15銀 ▲54角 △38角 ▲44歩 (第1図)

第1図から
▲24歩 △同歩 ▲同銀 △同銀 ▲同飛 △33金 (第2図)

第2図から
▲25飛 △24歩 ▲28飛 △22飛 ▲26歩 △45歩(第3図)

第3図から
▲66銀 △64銀 ▲77桂 △73桂 (第4図)

だいたい第4図ぐらいまでが有名な定跡で知っている方も多いと思います。

さて第4図ですが次に76角が大きな手となるので先手は攻めなくいてはいけません。

ここで83銀が私の研究していた手で、当時は朝から晩までこの手について考えたりもしていました。

第4図から
▲83銀 △76角 ▲74銀成 (第5図)

以下62金64成銀同歩74歩のような進行を中心に考えていて、難しい攻め合いにはなりそうです。

いつものように部室で先輩に「これどっちがいいと思いますー?」なんて軽口を叩いていたところ、第5図から思わぬ手を指摘されました。

第5図から
△89銀 (結果図)

かなり見えにくい手ですが以下68金に87角成とされた局面は先手が困っています。

次に76歩が厳しすぎますが63成銀には54馬で後手盤石です。

とは言っても代わる手も難しく、結果図の89銀をもって私の中で角換わり棒銀は終焉を迎えました。

この89銀は指摘してくれた先輩の名を借りて「伊達新手」と自分の中では呼んでいます。

初心者の頃からのパートナーだった角換わり棒銀との別れはかなり辛いものがありましたが、これが結果的に早繰り銀との出会いを生みました。

同時に1〜3筋の局所的な戦いから、盤面全体の戦いをするようになったことで棋力もかなり上がったように思います。

振り返ってみると一番いい時期に角換わり棒銀と出会い、共に成長し、別れを告げることになったかもしれません。

今後私が角換わり棒銀を指すことはないでしょうが、今改めて角換わり棒銀というかつての相棒に敬意を示し、感謝します。

ありがとう角換わり棒銀、またどこかで。

 

王将戦挑決リーグ 糸谷ー豊島戦

王座戦が大熱戦でそちらも取り上げたかったのですが、糸谷先生の会心譜を。

角換わりで先手の糸谷先生が78金を保留して早繰り銀に出る趣向を見せました。

この33角は好きな手で、私もこの局面なら迷わず打つのですがこの後の指し方がなんとも難しくとても参考になる進行でした。

少し進んで下図

先手も着々と攻撃態勢を整えていますが、後手が33角の効きを最大限に活かし65桂と襲いかかったところです。

ここでは後手が指しやすそうにも見えましたが、先手の次の手が驚きでした。

それが34歩!

非常に悩ましいタイミングで、22角と引けば33桂や15角が残り、44角と出れば66銀とかわされて角の当たりが強いです。

本譜は同銀と取りましたが、これははっきり先手が利かした形で後の48銀が銀取りとなりました。

しかしながら後手も豊富な歩で拠点を作って、猛攻を仕掛けてきます。

豊島先生にこんなことやられたら生きた心地がしませんが、糸谷先生も綱渡りの受けで凌ぎます。

そして迎えた下図

ここから87歩81飛で“先手の角が使えず後手良し”が控え室の見解だったようですがここから糸谷先生の会心の手順が生まれます。

上図から
▲77玉! △81飛 ▲88飛!!

糸谷調全開の玉上がりから飛車ぶつけが惚れ惚れする三手一組。

同飛成同玉と進みましたが後手の陣形は飛車に弱く、何より98角がこの上ない好位置となり後手玉を睨み続けます。

これで一気に視界が開けました。

以下も熱戦が続きましたが、豊島先生必死の突撃をぎりぎりのところでかわし切って167手で糸谷先生の勝利となりました。

なおこの対局では角打ちが先手後手ともに5回ずつ出ていて、そのほとんどが攻防手でした。

このことも大熱戦を物語っていますね。

あっという間に2冠になり最も勢いのある豊島先生相手にこの勝ち方。

「豊島時代到来か?」の声も上がっていましたが、群雄割拠の戦国時代はもうしばらく続きそうです。

ー本日の勉強ー
詰将棋 30問 棋譜並べ 1局 実戦 2局 (2勝 R2155→R2189)
いい感じ

次の一手(1)の解答

問題図を再掲します。

ここで66角が妙手です。

44の角が浮いているのと後手の71玉型に目をつけた手で、次に63桂不成で角の素抜きを狙っています。

後手は①角を逃げる手 ②角に紐をつける手 のどちらかがあれば簡単に受かるのですが、この局面では適当な受けがありません。

実戦の82玉は仕方のないところですが、63桂成66角72成桂同金66歩(下図)となって気持ち良く桂が捌けて先手優勢となりました。

あまり見ない筋ですが、30秒将棋でこれが見えたのは幸運でした。

なお実戦はこのあと65歩からの攻めに対応を間違えて逆転負け。
将棋は難しい。

次の一手(1)

私の実戦から

後手四間飛車に右銀急戦で仕掛けた将棋です。

次に54歩から桂を取り切られる前に攻めをつなげる必要がありますが、ここで良い手がありました。

解答は明日の記事で発表します。

ー本日の勉強ー
詰将棋30問 棋譜並べ0局 実戦0局
ちと疲れた…