極限自戦記 No.01(1)

タイトルのセンスはとりあえず置いておきましょう。

自分の指した将棋から「対局中に何を考えていたか」に焦点を絞り、1手1手の意味を可能な限り丁寧に振り返ります。

私の棋力(24で四段)ぐらいの人が「何故その指し手を選んだか?」が少しでも伝われば幸いです。

舞台はアマ名人戦徳島県予選、勝てばベスト16で二日目に残ります。
対するは徳島大学のエース、県内1,2を争う強豪で格上です。

では参ります。

第1図 24手目△52金左まで

後手四間飛車に対する57銀左急戦の基本形と呼べる局面です。

ここから先手には棒銀、斜め棒銀、45歩早仕掛け、5筋位取りなど多様な作戦があります。

私はそれらとは違う作戦を選びました。

第1図から
▲37桂 (第2図)

ここで桂を跳ねるのが愛用している形です。

以前記事にしたので良ければそちらも参照してください。

37桂システム(1)

対して①54歩 ②64歩 ③54銀 が考えられますが実戦は③54銀を選ばれました。

一番の強敵となる指し手です。

第2図から
△54銀 ▲66銀 △64歩 ▲55銀 (第3図)

66銀から55銀とぶつけていくのがこの戦法の骨子で、狙いは以下の記事に少し詳しく書いてあります。

37桂システム(3)

ここでまた後手は三択で①55同銀 ②63銀 ③65銀があります。

実戦は迷わず③65銀でやはり一番厄介な指し手です。

この辺りは研究範囲ではないと思うのですが、感覚で一番いい手を選ぶあたり流石だなと対局中は舌を巻きました。

第3図から
△65銀 ▲24歩 △同歩 ▲64銀 △43金 (第4図)

この43金で私の研究を外れました。

ここは76銀の一手だと考えていて、以下55銀と戻って①22歩と②35歩同歩34歩を狙いにしてどうかという将棋です。(下図)

43金というのは62飛を可能にし飛車のさばきを優先させた手です。

同時に3,4筋を手厚くしているので22歩も35歩も利きません。

したがってこの局面での指し手は限られていて、浮かんだ順に①97角と②25歩を読みました。

①97角には62金と上がられて、79角に45歩と角道を開けられるのが受け辛い手です。(下図)

以下88角ぐらいですが同角成同玉54金(下図)、これは後手の美濃囲いが乱れているようでも61歩の底歩が利くためかなり堅く、居飛車がまずそうです。

だいたいこのあたりまで読んで①97角を切り捨てました。

※実際にはその前に97角52飛22歩の変化なども読んでいますが、途中で62金の方が困りそうだと思い読む順番を切り替えました。
62金に対し良い攻め方が見つかればそこで改めて52飛を読みます。

この時点で次の指し手は消去法的に②25歩に決まりますが、返し技がないかを少しだけ確認してから着手しました。

第4図から
▲25歩 (第5図)

25歩というのは相手が76銀と出てないから可能な手であり、一番自然な手と言えます。

そして同歩と取れない為、これで部分的に2筋が受かりません。

したがって後手は玉頭方面から攻めてくることになります。

また先手の2筋突破は確実な一方、スピードには欠けるので真っ直ぐな攻め合いは後手に分が有ります。

すなわち今後の展開として「後手の攻めをいなしつつ、2筋からの飛車の成り込みを間に合わせる」が先手の目指すべき勝ち方であり、25歩というのはこのような展開を受け入れる覚悟を決めた手でもあります。

続きます。

最高の後輩たちへ

GWに岡山で開催された中四国学生将棋大会で広島大学は団体戦A級優勝、個人戦も主将が優勝し、ベスト4に広大生が3人という輝かしい成績を上げました。

その祝勝会が先日、広島市内であったのでOBとして参加してきました。

そこで気の利いた一言でも言えれば良かったのですが、久しぶりに会った先輩や同級生と盛り上がってしまい、「祝勝会」であることを忘れてしまっていたのでここにお祝いの言葉を残します。

 

まずは君たちに謝りたい。

いつも部室にいる、とりあえず部室行けばあの人がいる、そして実力の面でも主力になったと言える私が、3年の終わりに何の前触れもなく広島大学を去ったことを。

当時の私が大学生を続けることは、今後の人生を考えるうえで明らかにマイナスでした。

かなり前から分かっていたことですが、それでも大学に3年もいた(そしてもう少しいるつもりだった)理由としては、毎日将棋が大好きな人たちと心行くまで将棋が指せる、そんな環境から抜け出す勇気がなかったことが一つ。

しかし何より大きいのが、団体戦優勝を達成していなかったから。

 

私たちは何よりも優勝を求めました。

その為に悔しい思いをした人や我慢を重ねた人もたくさんいました。

そして私もより一層実力の向上を目指し努力しました。

結果は3年生の団体、春秋通じて9勝1敗。

今考えても出来過ぎです。

そして、その1敗で広島大学は優勝を逃しました。

 

現在私は充実した生活を送っています。

精神的にも学生時代より遥かに楽で、あの時の判断は間違いなく正しいものでした。

たった一つ、団体戦優勝が果たせなかったこと、それだけが心残りでした。

そしてその後悔は一生消えることはないものだと諦めていました。

 

そんな中で、同じ部室で同じ時間を過ごした君たちが私の夢を成し遂げてくれたのです。

この喜びをなんと表現しましょう。

 

君たちの努力を尊敬し、そして結果を残してくれたことに、私の思いを叶えてくれたことに、ただひたすら感謝します。

優勝おめでとう。

 

君たちは中四国の代表です。

全国大会というところは同世代の中四国の学生たちが渇望し、奮闘し、そして辿り着かなかった場所です。

そこに君たちは彼らの代表として立つのです。

その誇りを忘れないでください。

そして現段階で中四国のどこの大学よりも強いのが広島大学です。

君たちが負けるならどこが出ても勝てません。

自信を持って戦ってきてください。

 

そして出来ることなら、たっぷり緊張した上で、ちょっとだけ楽しんできてください。

健闘を祈ります。

 

徳島より、感謝と期待と少しの羨望をこめて

西村駿

 

 

アマ名人戦に出てきました

予選を2連勝で通過。

次勝てばベスト16で2日目に残るというところで2月の大会でも負けた強豪にやられました。

県代表を取るにはどうしても彼に勝たないといけないようです。

内容については予選2局目と負けた将棋が面白かったので、また後日自戦記を書きます。

今日は報告と一言だけ。

それでも私は急戦が好きです。

アマ名人戦に出てきます

本日6/9(日)、アマ名人戦徳島県予選に出場してきます。

今日でベスト16まで決めて、今月末に決勝が行われます。

したがって今日の目標は全勝、ベスト16に残ることです。

4月以降に出た大会で負けた対局を振り返ってみると、相掛かりが2局、対ゴキゲン中飛車が1局と自分の苦手かつ準備不足な戦型で、序盤から苦労する展開が多くありました。

前回の大会後はそこを重点的に補強しました。

以前より序盤で作戦負けになるケースはぐんと減っていると思います。

最近はある程度、対局にも時間を割けています。

後は落ち着いて、楽観せず慢心せず指せれば結果は自然とついてくるはずです。

行ってきます。

徳島県棋聖戦に出てきました

昨日5/19(日)、川島公民館で開かれた第43期徳島県棋聖戦に出てきました。

31人が参加したA級の部で3位という結果でした。

予選を2連勝で通過し、トーナメント1回戦は対局相手が棄権し不戦勝。

2回戦を勝利した後、準決勝で敗退。

3位決定戦は行われず、同率3位という内容でした

県大会3位という結果については悔しさ半分、ほっとしたのが半分というのが正直なところです。

私は以前宣誓した通り、2020年中の県代表獲得を絶対の目標として掲げています。

徳島に将棋教室を開きます

ところが4月以降出てきた大会で余りにも結果が残せていませんでした。

アマ竜王なんかは予選落ちでした。

「県の上位の人たちとも十分戦える、状態が良ければ県代表を狙える」というのが、現段階での偽りのない自己分析です。

しかしながら、それは評価を誤っているのではないか?本当は棋力が全く足りていないのではないか?という不安がどうしても付き纏いました。

その不安を吹き飛ばせたという意味では県3位というのはある程度の価値があります。

と良いように言えばこうなりますが、実際のところはやっぱり悔しいです。

準決勝での負け方も、慣れない戦型を必死に読みだけで勝負して、最終盤勝ちがありそうなところでポカをして負けという不甲斐ないものでした。

優勝すれば6月の県選手権の予選免除となるのを逃したのも手痛いところです。

とは言え結果が全て、これが今の実力です。

次は6/9(日)の県選手権予選

そこに向けて鍛錬の毎日を続けます。

いつも応援して下さる方、本当に励みになってます。

この場を借りてお礼申し上げます。

なかなか芽が出ない私ですが、もうちょっとだけ見放さず応援してくれると嬉しいです。

横歩取りは後手良しであって欲しい

青野流が猛威を振るい、プロ間でかなり数が減っていた横歩取りが最近見られるようになってきています。

水面下で後手に戦える手順が見つかったのか、定跡の最前線がどうなっているのか等は到底私の理解が及ぶところではないので、今回の記事は私の妄想です。

横歩取りは数ある将棋の戦法の中でも「序盤に駒の損得が発生する」というかなり特異な性質を持っています。

すなわち角換わりや相掛かりとは違い、横歩取りには「歩得vs手得」という明確なテーマが存在していると言えます。

したがって34飛と横歩を取った時点で局面の優劣が付いている可能性があるのです。

それが「後手良し」であって欲しいというのが私の願いです。

以下は横歩取りが後手良しとなった世界のお話です。

よく見慣れた15手目のこの局面、34飛と横歩を取るのは後手良しです。

したがって先手は他の手を考えなければなりません。

何を指すか難しいので試しに96歩と端でも突いてみましょう。

さて今度は後手が考えます。

76飛と横歩を取る手が見えます。

しかし76飛の局面は先手が34飛と横歩を取った局面をひっくり返したものにそっくりです。

唯一の違いは96の端歩ですがこれが先手にとってマイナスの手になる可能性は低そうです。

であるならば「横歩取りは後手良し」なので、76飛とした局面は先手良しになります。

ということで後手は横歩を取れません。

指す手も悩ましいので94歩と礼儀正しく挨拶を返しておきましょう。

さてまた先手に手番が回ってきました。

先程と比べて96歩94歩の交換が入っています。

「横歩取りは後手良し」でしたが、9筋を突き合ったことで将来95歩同歩92歩の攻めが利いたり、後手からの95角が無くなったりでここで先手は34飛と取れる可能性があります。

ただちょっと不安です、かなり研究して9筋の突き合いを確実に活かせる自信がないと34飛とは選びにくいでしょう。

どうせ後手からも76飛は難しいのでプラスの手を指して待ってみたいところではあります。

58玉はプラスになりそうなのでそれで待ってみましょう。

ここで後手はいろんな手がありそうです。

76飛と取るのは77角と上がられて58玉の一手がプラスに働きます。

88角成同銀33角の強襲は考えられ、かなり激しい展開へと進みます。

待つ手も色々あって、14歩や52玉、42玉に72銀、74歩なんて手もあるかもしれません。

こんな風に先後どちらにも多くの待つ手があって、その組み合わせは膨大な数になります。

そしてお互いに何手か待った局面では、先後どちらにも横歩を取れる可能性が十分にあります。

結果として横歩取りの序盤の可能性が爆発的に増加します。

ところで皆さん、似たような話を最近聞きませんでしたか?

そうです、相掛かりです。

この局面、ついこの間までは24歩と交換する一手でした。

ところが24歩を保留して銀を上がったり、端を突いたり、玉を上がったりする手が出てきて、相掛かりの序盤が急激に多様化し、プロの実戦例も大幅に増えることになりました。

相掛かりにおける革命とも言える出来事ですが、全ては当然に見えた24歩を保留したところから始まっています。

「横取りが後手良しの世界」ではこれと同じことが起こります。

横歩を取る手を保留し、少しでも得な手を積み重ねた上で横歩を取れるように駆け引きが生まれます。

しかも角が向かい合っている関係で、激しい変化を無数に孕む格段に緊張感の高い局面が続く中でです。

わくわくしませんか?

今まで誰も見たことがない、新しい局面が無数に生まれるのです。

そんな世界で戦ってみたい、その世界が誰の気にも留められず沈んでいくのは余りにも惜しい。

横歩取りは後手良しであって欲しい。

アマ竜王戦に出てきました

1勝2敗で予選落ちでした。

各対局を簡単に振り返ります。

1局目 対ゴキゲン中飛車 負け

準備不足がもろに出ました。

最近、序盤の指し手で変えたところがあった為、今まで相手にしなくてよかったゴキゲン中飛車にされる可能性が出てきていました。

ところが、あまりにも実戦でやられないので対策を放置していたところ大会本番でやられました。

3手目25歩を活かすために角交換型にして迎えた下図。

ここで86歩が冴えない手でした。

次に85歩と出来れば大きいですが、すかさず64角と打たれました。

以下49飛21飛56歩44銀29飛55歩から戦いになりましたが、86の歩がかなり負担となっており作戦負けです。

64角は見えていたにも関わらず読みに突っ込みを欠きました。

序盤で模様を悪くして、勝負所でも踏ん張れず。

完敗です。

2局目 77金型早繰り銀 勝ち

先手番らしく最速で仕掛けました。

継ぎ歩で反撃されて迎えた下図の局面

ここで83歩が居玉を活かした切り返しです。

同飛56角は激戦ですがやや分があると見て踏み込みました。

実戦は62飛と我慢されましたが、88飛と回れては作戦勝ちです。

83歩の局面自体を用意していたわけではありませんが、類似局面を過去に研究していたので実戦で踏み込むことができました。

以下は暴れてくる後手の面倒を見つつ、薄みを突いて反撃して勝ち。

良い内容でした。

3局目 対先手中飛車穴熊

変則的な序盤だったため得意の鳥刺しが採用できず、仕方なく高美濃に構えました。

図は先手がやや強引に動いてきたところですが、上手く対応しないと形勢を損ねます。

ここでここで25金を発見したのは素晴らしかったです。

以下35銀には37歩同飛36歩があります。

実戦は25金以下37銀上52銀26歩24金28銀43銀と我ながら落ち着いた指し回し。

35銀から捌かれますが、右銀をくっつけたことと27の傷が出来たことで堅さが逆転しており、捌き合いは後手に分があるという判断です。

35銀から総交換して迎えた下図

ここで78角ではっきり良しでした。

実戦は迷った末に34歩38飛45角と進めました。

金取りが受けづらく、27銀と打てば飛車が取れそうなのでこれが一番早い勝ち方だと判断しました。

ところが68飛と指されて唖然

完全に見落としで、さっきまでのリードが吹き飛びました。

27銀から馬は作れたものの先手の左金が捌ける目処が立ち、穴熊も存分に生きる展開に

以下熱戦が続きましたが、経験値の浅さもあり最後まで穴熊が見えませんでした。

振り返ってみると準備不足もありますが、そもそもの実力が全然足りてないですね。

集中して指して、しっかり検討して、知っておくべき変化を掘り下げて研究する。

当たり前のことを当たり前にやるしかありません。

出直しです。

アマ竜王戦に出てきます

明日4/14はアマ竜王戦の徳島大会があります。

私が2年中に優勝すると掲げた5大会のうちの1つです。

徳島に将棋教室を開きます

2ヶ月程ブログを更新してなかったのですが、大会に向けて指しまくっていたという訳ではなく、単に忙しくて将棋ができていませんでした。

今の仕事に就いたのが1月末で、それからは覚えることが山積みで仕事で手一杯だったというのが正直なところです。

したがってこの2ヶ月で棋力は向上していません、落ちてなければ良い方です。

仕事の方は最近になって少し余裕が出てきて、将棋に向き合う時間も取れるようになってきました。

ここから再出発の気持ちで今の自分の実力、県内での位置、県代表までの距離をしっかりと見定めてきます。

徳島に将棋教室を開きます

宣誓します。

2020年中に徳島に将棋教室を開きます。

趣味ではなく仕事としての将棋教室、「稼げる将棋教室」です。

これは将棋の継続的な普及を目指す上で、教える側はプロでないといけないという私の信念に基づくものです。

また始めるための条件として徳島県代表を取ることをここに定めます。

具体的にはアマ名人戦、アマ竜王戦、赤旗名人戦の徳島県代表、およびアマ王将戦、朝日アマ名人戦の四国代表のいずれかです。

指導者として、今の私が棋力不足だとは思いません。

したがって、これは覚悟です。

今の棋力と環境から考えて、近いうちに県代表が取れないようならそれは私の努力不足であり、将棋で食っていく覚悟が足りないとしか言えません。

2019年と2020年で県代表が取れなかった場合は「少し熱心な将棋ファン」としての人生を甘受します。

2020年の将棋教室開講に向けて、今後は指導者・自営業者としての勉強をしながら、県代表獲得のための棋力の充実を目指します。

西村駿、23歳

私の人生を掛けた大勝負です。

皆様の応援が心の支えとなります。

今後ともよろしくお願いします。

棋譜添削を受け付けます

棋譜添削を受け付けます。(無料)

対象はアマ三段以下、ただし棋譜が読めることを条件とさせてもらいます。

希望者は棋譜用紙に添削希望の棋譜と棋力(大体で構いません)を書いてTwitterの私のアカウント(http://twitter.com/shun24nishimura)にDMで写真を送信して下さい。

第一回の期限を1月末までとします。

私の棋力について

・将棋倶楽部24で四段です
・角換わりや相掛かりの序盤知識はアマ初段程度です
・対抗形の居飛車急戦が得意で急戦の仕掛けの近辺、美濃囲いの寄せ方はある程度信用に値すると思います
・相振り飛車と相穴熊は全くやらないのでかなり精度が落ちます

棋譜を確認しましたら検討と添削を行い数日でTwitterのDMにて送らせて頂きます。

なお、もし予想を超える数の申し込みを頂いた場合にはお断りすることがあります。

予めご了承ください。

一つだけルールがあります。

棋譜・添削用紙の写真を含むDMの内容は双方いかなる場所にも公開しないこと。

これだけは厳守でよろしくお願い致します。

添削を受けての感想などはどんどん発信してもらって構いません。

私ぐらいの棋力での添削にどの程度の需要があるのかを知るための実験的な試みです。

ご応募どしどしお待ちしております。