あなたはそれでも腰掛け銀の後手番を持つのか?

昨日の朝日杯準決勝、千田ー藤井戦

角換わり腰掛け銀で千田先生の研究がぶっ刺さって先手快勝に終わりました。

角換わりが棋界の覇権を握ってから暫くが経ちます。

棋譜中継を見れば角換わり、道場で小学生が指しても角換わり。

それも物凄く似た形から、凄まじいスピードで終盤まで進んでいきます。

プロの将棋をアマチュアが真似るのは今も昔も変わらず、大いに結構なことでしょう。

しかしながらアマチュア、特にアマ初段〜四段ぐらいの人が腰掛け銀の後手番を持つのは余りにも危険だと言うのが私の主張です。

それはソフト研究が浸透した現環境における、角換わり腰掛け銀・先手番の「高い誘導性」と「豊富な選択肢」によるものです。

プロが角換わりの後手番を持つの嫌がらないのは「受け方が確立されている」ことが大きな理由だとされています。

具体的には44歩を突かず、42玉〜52玉の往復運動で待つ形です。

しかし「受け方が確立されている」とは言い換えれば、「他の受け方は許されない」ということです。

即ち先手の一つの攻め形に対して後手は対応する陣形が決まっています。

これが先手番の優位性である「高い誘導性」を生み出します。

先手は自分の好きな形を一つ決めておけば、仕掛け〜優勢を確保する局面までを、時間の許す限り存分に研究できます。

それも部分的にはトッププロと遜色ない精度で。

そして現環境ではその誘導したい局面、そこから戦える局面が少なく数えても常に10以上はあって、それが毎日変化しています。

先手はこのうち一つを選んで対局に臨めばいいのです。

これが「豊富な選択肢」と表現したものです。

それでもプロが角換わりの後手番を持つ理由は二つ考えられます。

一つは「全部研究しているから」

これは明快でプロは将棋が仕事なので全力を注いで研究に没頭できます。

角換わりの後手番を持つプロ(居飛車党の大多数)は上記の10以上の局面を常に研究しています。

したがって対局でどの形が来ても「これは知らない形」ということがないのです。

そしてもう一つ、重要な点が「棋力が高いから」

当然ながら実戦ではどこかで研究を外れます。

その時に後手が「どれだけ正解に近い手を指せるか」が優劣に直結します。

事前にソフトで研究した手順を97点としましょう。

トッププロであれば、用意した97点の手順から外れた時に、自力で90〜95点の手を指し続けることは可能でしょう。

それは当然ながら「棋力が高いから」です。

しかしアマチュアでは97点から外れた直後に30点の手を指してしまうことが度々起こります。

その30点の手に先手が30点の手で返せばいい勝負でしょうが、そこで先手が97点の手を用意しておくとどうでしょう。

形勢はあっさりと先手に振れます。

それは時には取り返しのつかないほど大きく。

以上がプロが指す角換わり腰掛け銀をアマチュアが後手番で持つのは危険だと主張する根拠です。

そしてこのことを何となく感づいている人は少なくないと思うのです。

では、なぜそれでも角換わりの後手番を持つのか?

それは「他に選択肢が無いから」の一言に尽きます。

相居飛車の後手番は大雑把に2通りの戦法を選べます。

角換わりが横歩取りか

横歩取りが流行した時もありましたが、現在は青野流が猛威を奮っていて、あんなもの受けてられないと言う意見が大半です。

そしてそのようなプレイヤーは消去法として角換わりを選んでいます。

つまり今アマチュア棋界に必要なのは角換わり腰掛け銀・横歩取りに代わる後手番第3の選択肢なのです。

それも「受け身に回らない」「主導権を渡さない」ものが求められています。

皆さんそんな戦法に心当たりはありますか?

私は一つだけ知っています。

その名は“33金型早繰り銀”

↓真面目に勉強したい人用

↓とりあえず指してみたい人用

33金型早繰り銀(20) ~先手37桂型.13~

↓前回の記事

第3‐43図から(4)56銀を見ていきます。

第3‐43図から
▲56銀 △77歩成 ▲同桂 △86歩 ▲同歩 (第3‐46図)

37とで右辺を抑えて、77歩成で左辺を削ったので86歩とこちらから攻めるのが理に適っています。

上図では86同飛と行く手も見えますが、それには44角と攻め合います。

以下89飛成には79金打99龍53角成で先手勝ち

89飛成と入っても金2枚が並んだ形が堅く、後手陣は飛車が居なくなると耐久力ががくっと下がります。

44角に62玉と受けるのも43との追撃が厳しく後手が勝てません。

したがって後手は86同銀と銀を進めることになります。

第3‐46図から
△86同銀 ▲83歩 (第3‐47図)

86同銀に65桂の攻め合いは87銀成53桂成78成銀で後手玉が詰まず後手の勝ち

83歩と一発叩くのが手筋で、これを同飛と取るのは65桂87銀成に53桂成が詰めろとなり後手の負けです。

第3‐47図から
△77銀成 ▲同金 △83飛 (結果図)

77銀成と桂を食いちぎってから83飛と歩を払って結果図

一旦は86歩でしょうが、そこで76歩、65桂、64桂と有力手が複数あります。

もちろん結果図からもある程度調べてみましたが、どうにも結論が出ず

「難しすぎて分からない」と言うのが正直なところです。

第3‐43図から(4)56銀はかなり有力で難解な終盤戦へと進みます。

まとめます

先手37桂型に後手が42玉と上がるのは危険で代えて94歩が勝ります。

対して47銀で飛車の横利きを通すのが急務で下図が先手の最善形です。

上図から後手は仕掛ける一手

対して24歩~25歩の継ぎ歩が唯一の反撃手段です。

次の24歩に22歩と受けるのは穏便で一局ですが、54角から一直線に攻め合ってどうかというのが本譜です。

以下は妥協した方が悪くなるので下図までは一直線に進みます。

ここで76歩と利かしに行って第3‐43図

上図から(1)68銀(2)88銀(3)43と(4)56銀の4通りの応手が全て有力で、いずれも難解な終盤戦へと進みます。

したがって第3‐43図が現段階における私の研究の到達点

33金型早繰り銀の最前線です。

この局面で後手が指せるとなったら、角換わりの主導権は先手から後手に移ったと言えるでしょう。

この局面で先手が良いなら、後手には有力な変化がまだいくつかあるので、それをまた私が頑張って掘り下げます。

以上で先手37桂型の考察を終わります。

次回以降で先手早繰り銀・先手棒銀への対応を見ていきます。

続きます。

33金型早繰り銀(19) ~先手37桂型.12~

↓前回の記事

第3‐43図を再掲します。

ここで(1)68銀 (2)88銀 (3)43と (4)56銀が考えられます。

(1)68銀(2)88銀は以下47と43ととして、2手後に76歩と打った変化に合流します。

(3)43とは76歩を手抜いて攻め合いを目指した手で、この変化で1手早く76歩を打った効果が表れます。

(4)56銀は銀を取らないなら逃げてしまおうという手で、76歩を早く打った弊害ともいえる変化です。
後手はこれもクリアする必要があります。

(3)43と (4)56銀の順に見ていきます。

第3‐43図から
▲43と △77歩成 ▲同桂 △22歩 (第3‐44図)

77同桂に47とは21龍で前回の記事と同じことになり先手が指せます。

22歩と受けるが後手の工夫

意味は本譜を追えばわかります。

第3‐44図から
▲34龍 △33歩 ▲44龍 △43角 ▲同龍 (第3‐45図)

34龍に33歩ともう一回追ってから43角とと金を払ってしまうのが好手。

部分的には物凄い駒損ですが、先手の攻めの速度を落とすことに成功したので、攻め合いに持ち込むつもりです。

すなわちここで後手は確実に迫る手が”ある”と言っているのです。

第3‐45図から
△47と (結果図)

銀を拾いながら先手玉に近付く47とが盤上この一手

何を当たり前のこと言っているんだと思われるでしょうが、ここに後手の工夫が表れます。

上図(第3‐23図)は76歩を打たずに単に47とと取った変化

ここから76歩は入らないという話をしましたが、ここで22歩と受ける手もあるはずです。

以下同じように34龍33歩44龍43角同龍と進みます。

この局面では後手から確実に迫る手が”ない”のです。

すなわちここで76歩は68銀と引かれて以下37桂に58金と上がられます。

54に角が居る状態では58金には46歩が36角を見てぴったりだったのですが、それは昔の話

上図となっては後手からの攻めが続かず先手優勢です。

76歩に代えて単に37桂も58金で五十歩百歩です。

76歩のタイミングを1手早め、銀が「逃げる」「逃げない」を見極めてから手を選ぶことで後手は攻め合いに持ち込むことができました。

結果図は難解な終盤戦ですが、後手の方が攻めの組み立てが分かりやすく勝ちやすいでしょう。

↓次回の記事

33金型早繰り銀(18) ~先手37桂型.11~

↓前回の記事

第3‐24図から(3)21龍と攻め合う手を見ていきます。

銀をぼろっと取られますが、その代償に一手早く攻めようという手です。

第3‐24図から
▲21龍 △22銀打 ▲44金(第3‐40図)

22銀打に対する44金が手厚い好手

43角を防ぎつつ、54金から玉頭を抑えてしまう狙いです。

次に54金~53金で受けなしとなるので後手は2手スキで迫る必要があります。

第3‐40図から
△77歩成 ▲同桂 △57と ▲54金 △56桂 (第3‐41図)

77同桂に76歩は54金77歩成53金で後手の一手負け

57と~56桂が2手で迫る唯一の手段で、先手より早く詰めろを掛けることができました。

上図となって58金と上がるのは48銀69玉58と同玉57金69玉54歩で後手の勝ち

先手は受けづらそうにも見えますが…

第3‐41図から
▲15角 △62玉 ▲53と △73玉 ▲58金 (第3‐42図)

15角の王手が攻防手

62玉と広い方に逃げますが、53とで金取りを解除してから58金と受けに回ります。

このとき48銀に同角と取れるのが15角を設置した効果です。

第3‐42図から
△48銀 ▲同角 △同と ▲同金 △同桂成 ▲同玉 △46歩 ▲56銀 (結果図)

58同と同玉46歩ではその瞬間が甘く、上部脱出も狙われます。

48銀からばらす方が難しいですが、46歩に56銀と丁寧に受けて結果図

以下69角ぐらいですが68金36角成55角83玉58金で受かっています。

第3‐24図から(3)21龍は途中の44金が好手で先手が良くなります。

すなわち第3‐23図から76歩の利かしは入らないということになります。

だめじゃん

ただここで諦めるのも悔しいのでもう1回だけ頑張ってみましょう。

76歩を打つタイミングを変えます。

先手が23飛成と成りこんだこの局面

ここから△47と▲43との2手を入れずにいきなり76歩と打っていきます。(第3‐43図とします)

利かしのタイミングを変えた効果はどこに出てくるのでしょうか

上図からの展開を次で見ていきます。

↓次回の記事

33金型早繰り銀(17) ~先手37桂型.10~

↓前回の記事

第3‐24図から(2)88銀とこちらに引く手を見ていきます。

88銀は壁銀になるため実戦では選びづらい手ではありますが、ぎりぎりの一手争いで油断は禁物です。

第3‐24図から
▲88銀 △37桂 ▲39金 (第3‐33図)

やはり金を狙う37桂が急所の攻めです。

次に49桂成から必至が掛かるので、先手は金を逃げる一手です。

第3‐33図から
△38歩 ▲同金 △57と (第3‐34図)

38同金に同とは甘く、21龍で攻守が逆転します。

57とと詰めろで迫ります。

第3‐34図から
▲58歩 △65角 ▲37金 △48銀 ▲69玉 (第3‐35図)

65角と金取りに覗くのが好手で受けにくい手です。

この手を見た38歩の叩きでした。

第3‐35図では37銀成が詰めろなのでそれで良さそうですが、25角が絶好手で切り返されます。

58と同玉に47角成を消しつつ、後手玉に52金以下の詰めろ掛けた「詰めろ逃れの詰めろ」です。

37銀成に代わる手も難しそうですが、ここで後手にはずっと狙っていた手がありました。

第3‐35図から
△22飛 (第3‐36図)

22飛がなんとも派手なぶっつけ

後手の攻めはこの手を決め手にする組み立てでした。

同龍同銀となれば後手玉が詰まず先手玉は受けなしです。

34龍と逃げるのも29飛成の一手詰め

先手に手段が見当たらないようですが、一つだけ土俵際で踏ん張る手があります。

第3‐36図から
▲16角 (第3‐37図)

16角が23飛に52金を用意しつつ、将来の29飛成に49桂で凌ぐ手を見せた攻防手です。

次に22龍と取られると後手の負けです。

第3‐37図から
△34歩 (第3‐38図)

34歩の中合いが絶対手

これを同角と取るのは43角が決め手になります。

同龍は29飛成の一手詰め、これが34歩を利かした効果です。

同角成に23飛として後手がはっきり勝ちです。

第3‐38図から
▲34同龍 △29飛成 ▲49桂 △62玉 (第3‐39図)

仕方のない34同龍に29飛成が実現しました。

49桂に同銀成と取るのは52金で詰まされます。

丁寧に62玉と詰めろを外しておきます。

対して31龍は詰めろにならないので49銀成で後手の勝ちです。

第3‐39図から
▲57歩 △38歩(結果図)


57歩に49銀成は68金で粘られます。

38歩が最後の一歩を使ったぴったりの決め手

結果図以下は68金49龍78玉77桂同桂同歩成同銀37銀成で一手一手です。

第3‐24図から(2)88銀は37桂から攻め立てて、65角~22飛というダイナミックな寄せが炸裂します。

↓次回の記事

しばらく将棋を指すのを辞めます

昨日の将棋を検討した結果、自分の弱点がはっきりとわかりました。

「読みのリーチ」

しばらくの間対局を辞めてここを伸ばすことに専念します。

方法は知っています。

長手数の詰将棋

知っていたけど、辛いからずっと避けてきた道です。

大会は可能な限り出ます。

後は詰将棋と見て見ぬふりをしてきた序盤に向き合うこと

角道オープンの先手三間飛車や76歩84歩26歩からの相掛かりなどですね。

しんどいだろうけどやります。

時間がない。

33金型早繰り銀(16) ~先手37桂型.9~

↓前回の記事

第3‐26図から(b)33角と直接打ち込む手を見ていきます。

第3‐26図から
▲33角 △同銀 ▲31龍 △41金 ▲33龍 (第3‐29図)

33角以下は一直線の進行です。

角と銀2枚を交換し、43とと21龍の両方を54角の射程から逃した上図は先手が大成功に見えます。

後手の狙いはどこにあるのでしょう?

第3‐29図から
△48成桂 (第3‐30図)

この上なく忙しそうに見える局面でじっと48成桂と引くのが大胆な手

上図では41金・61金・82飛の守りが強力で後手玉に詰めろが掛かりません。

とは言っても先手玉もすぐには寄らないので、53とや74桂と包んで先手が攻め勝っていそうです。

第3-30図から
▲53と △58と ▲79玉 △68と (第3-31図)

ここで68同玉は77銀同桂59角79玉77歩成が78と同玉87角成以下の詰めろとなって後手の一手勝ちです。

第3-31図から
▲同金 △88銀 ▲同玉 △55角 (第3-32図)

88銀~55角が後手の狙っていた大技でした。

33の龍を抜いてしまえば後手玉の安全度が格段に上がります。

第3-32図から
▲79玉 △33角 ▲54と △39飛 ▲69銀 △86歩 (結果図)

54とは仕方のない所ですが86歩が詰めろで入った結果図は後手の勝ちです。

第3-30図から53とに代えて74桂と縛るのも本譜と同様に王手龍取りを掛ける筋で後手の勝ちが見込めます。

53とや74桂以外にも攻めがあるかもしれないのでこの変化ははっきり後手が勝ちとは言い切れません。

「先手の勝ちが見つからない」というのが現状です。

33金型早繰り銀を咎めたいプレイヤーの研究が待たれます。

第3-26図から(b)33角にも一直線に進めて難しい終盤戦になります。

以上で第3-24図から(1)68銀の変化を終わります。

↓次回の記事

今日から指せる33金型早繰り銀講座

はい、こんにちはにっし~です!

33金型早繰り銀は何とも奥が深い戦法で、もうその魅力に惚れ惚れしながら研究する日々を過ごしております。

ただちょっと研究を深めるあまり記事の専門性が上がりすぎていることに気づいて、わたくし猛省中でございます。

33金型早繰り銀最大の魅力はその分かりやすさなのですが、そこが伝わっていないのはあまりにもったいない。

というわけで今回は細かい理論は無視した誰でも指せる33金型早繰り銀の戦い方を紹介していきます。

これを読めばあなたも今日から33金型早繰り銀マスターです。

※今回は局面図を全て先後反転にしています

手順① 33金型に組む

ここがいきなり最大のポイントです。

自分から角交換せずに、次に24歩と突かれるタイミングで33角と上がります。

これを見た相手は鼻息荒く同角成と取ってきますから、同金で1手得

33金型の完成です、やったね!

手順② 右銀を64目掛けて駆け上がる

小細工は一切必要ありません。

何も考えずに71の銀を64まで最速で持っていきます。

早繰り銀RTAです。

手順③ 素知らぬ顔で端歩を突く

仕掛けたいのをぐっと堪えて、一回だけ端を突いておきましょう。

ここはノータイムで突くと相手に仕掛けを警戒されるので、ちょっとふてくされた顔で15秒ぐらい考えてから突くのがおすすめです。

手順④ 75歩と突っ掛ける

もう準備は万端です。

囲い?後手は金銀3枚に守られた立派な居玉囲いです。

これ以上何もいりません、全力で仕掛けましょう。

~仕掛けてからのポイント~

壱.居玉を維持する

下手に42に上がったりすると当たりがきつくなります。

51が一番安全な地点なのでそこから動かないようにしましょう。

弐.いいタイミングで54に角を置く

33金型早繰り銀において54角は絶好の司令塔になります。

37桂と跳ねて桂頭を狙えるときなど、左右に利くタイミングで打てれば立派な33金型早繰り銀上級者です。

参.派手に戦う

これが一番大事です。

33金型早繰り銀は激しい展開になることがとても多いです。

その中で強く戦うことを恐れずに派手な将棋を楽しんでください。

飛車は82~22まで自由に動き回りましょう。

33の金は攻め駒です。
隙あらば4段目、5段目に進出して相手を押しつぶしましょう。

だいたいこんなところです。

これを守ってもらえれば藤井聡太とは行かなくても大橋貴洸ぐらいの勝率が期待できます。

それでは今日はこの辺で。

みなさん、よき33金型早繰り銀ライフを!!

33金型早繰り銀(15) ~先手37桂型.8~

↓前回の記事

第3‐24図から(1)68銀を見ていきます。

(1)68銀は中央に厚く備えて57とも消しているので自然な受けに見えます。

しかし明確な弱点が一つあって、それは「58銀に68玉と逃げられないこと」です。

後手はそこを考慮に入れて攻めを組み立てます。

第3‐24図から
▲68銀 △37桂 (第3‐25図)

37桂が俗手ながら厳しい攻め

39金には58銀の一手詰めなのでこの金は逃げられません。

これが68銀の弊害です。

第3‐25図から
▲21龍 △49桂成 ▲69玉 △22銀打 (第3‐26図)

22銀打はもったないようですが必要な投資

次に43角さえ間に合えばそれまでです。

例えば上図から23歩などは甘く、以下43角22歩成21角同と58金79玉69飛で後手勝勢となります。

先手の攻めを継続する手段として(a)16角(b)33角を順に見ていきます。

第3‐26図から
▲16角  △48成桂 (第3‐27図)

(a)16角は43角を防ぎつつ52金からの寄せを見ています。

対する48成桂は確実かつ最速の攻めですが、先手からの猛攻が見えています。

後手は耐えられるのでしょうか?

第3‐27図から
▲52金 △同金 ▲同と △同飛 ▲44桂 (第3‐28図)

52金からばらして44桂

上図となって飛車を逃げれば52金で詰みなので一見すると決まっていますが…

第3‐28図から
△62玉 ▲52角成 △73玉 (結果図)

飛車を見捨てて逃走するのが好手でなんとこれで後手が残しています。

例えば結果図から71飛72金81飛成とするのは、58成桂79玉69金88玉68金で後手の一手勝ち

71飛72金74歩82玉61馬は62金打

自玉の安全を優先して79玉21角88玉と逃げるのも39飛が詰めろ

いずれも後手の勝ちです。

後手は攻めの主役であった75銀と54角が玉周辺の強力な守り駒となっています。

一方で先手は飛車を渡すと39飛の一発で終わってしまうので攻めがかなり制限されています。

この辺りが直感と実際の形勢にずれが生じている原因でしょうか。

第3‐26図から(a)16角には48成桂と攻め合って後手の勝ちが見込めます。

↓次回の記事

赤旗名人戦徳島県大会に出てきました

昨日10/6、赤旗名人戦の徳島県大会に出てきました。

ちょっと市街地から離れたところであったので参加人数は控えめで、A級が二十数名

持ち時間は20-30で徳島ではお馴染みの方式です。

予選を2連勝で通過してベスト16

本戦1回戦は77金型早繰り銀が刺さって快勝

2回戦もかなり上手くやったのですが中盤の入り口で酷い読み抜けをして劣勢に

勝負勝負と迫り最後はなんとかまくったところで相手が時間切れ

準決勝も77金型早繰り銀

序盤でポイントを挙げて受けに回ったのですが受け損なってかなり危険な格好に

玉の顔面受けから踏ん張って、必死で受け続けて完切れに持ち込みました。

寄せに行って勝ちですが万に一つも逃せないので相手玉は見ずに一目散に入玉

27点法を活かした形で点数勝ちになりました。

そして迎えた決勝戦

勝てば念願の県代表、そして全国大会です。

戦型は後手の45歩型角交換四間飛車

右辺を制圧される間に玉頭に位を張りました。

中盤以降ずっと難しい戦いで少なくとも3回は逆転していると思います。

最後はこちらに勝ちがあったところで踏み込めずに負け。

もっともこれに関しては踏み込めなかったといより、踏み込んだ先の詰みが読み切れなかったという話なので単純に実力不足です。

なかなかの大熱戦だったのでまた後日精査して、簡単にまとめてみようと思います。

5月の棋聖戦が3位で、8月の最強位戦がベスト8、今回が準優勝です。

少しずつ結果は残せていますがまだ足りないです。

新しい課題も見えてきたので勉強方法を見直してまた頑張ります。