33金型早繰り銀(16) ~先手37桂型.9~

↓前回の記事

第3‐26図から(b)33角と直接打ち込む手を見ていきます。

第3‐26図から
▲33角 △同銀 ▲31龍 △41金 ▲33龍 (第3‐29図)

33角以下は一直線の進行です。

角と銀2枚を交換し、43とと21龍の両方を54角の射程から逃した上図は先手が大成功に見えます。

後手の狙いはどこにあるのでしょう?

第3‐29図から
△48成桂 (第3‐30図)

この上なく忙しそうに見える局面でじっと48成桂と引くのが大胆な手

上図では41金・61金・82飛の守りが強力で後手玉に詰めろが掛かりません。

とは言っても先手玉もすぐには寄らないので、53とや74桂と包んで先手が攻め勝っていそうです。

第3-30図から
▲53と △58と ▲79玉 △68と (第3-31図)

ここで68同玉は77銀同桂59角79玉77歩成が78と同玉87角成以下の詰めろとなって後手の一手勝ちです。

第3-31図から
▲同金 △88銀 ▲同玉 △55角 (第3-32図)

88銀~55角が後手の狙っていた大技でした。

33の龍を抜いてしまえば後手玉の安全度が格段に上がります。

第3-32図から
▲79玉 △33角 ▲54と △39飛 ▲69銀 △86歩 (結果図)

54とは仕方のない所ですが86歩が詰めろで入った結果図は後手の勝ちです。

第3-30図から53とに代えて74桂と縛るのも本譜と同様に王手龍取りを掛ける筋で後手の勝ちが見込めます。

53とや74桂以外にも攻めがあるかもしれないのでこの変化ははっきり後手が勝ちとは言い切れません。

「先手の勝ちが見つからない」というのが現状です。

33金型早繰り銀を咎めたいプレイヤーの研究が待たれます。

第3-26図から(b)33角にも一直線に進めて難しい終盤戦になります。

以上で第3-24図から(1)68銀の変化を終わります。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA