33金型早繰り銀(14) ~先手37桂型.7~

↓前回の記事

第3‐15図まで戻ります。

前回まで上図で22歩と受ける穏やかな展開を見てきました。

しかしここでは23歩成を受けない驚愕の手順が存在します。

33金型早繰り銀の中で最も激しい展開を見ていきましょう。

第3‐15図から
△35歩 (第3‐21図)

35歩が常識外の攻め

なんと言っても先手は23歩成と2筋を突破できるのです。

25歩~24歩と進んだ歩がそのまま23に成れることはそうそうありません。

むしろここで先手が45歩と怯むのは弱気で、以下86歩同歩同銀同銀同飛87歩に27歩と打たれてしまいます。

これは22歩と謝らなかったのが存分に活きています。

先手としても覚悟を決めて23歩成と踏み込むしかないようです。

第3‐21図から
▲23歩成 △36歩 ▲45桂 (第3‐22図)

36歩に同銀は同角33と27歩で後手良し

45桂と歩頭に跳ねるのが手筋で、同歩と取らせることで後の36角を消しています。

なお45桂に37歩成は53桂成28と54成桂で次に53角が厳しく残り先手優勢です。

第3‐22図から
△同歩 ▲33と △37歩成 ▲23飛成 △47と ▲43と (第3‐23図)

45同歩以降は一直線の攻め合いです。

43とは味の良い活用で次は53とよりも21飛成が厳しい攻めになります。

第3‐23図から
△76歩 (第3‐24図)

先手としてはこの後68玉~79玉と逃げるのが一番耐久力のある形です。

それを阻止すべく後手はぎりぎりのタイミングで76歩を利かしにいきます。

上図から(1)68銀(2)88銀(3)21飛成を順に見ていきます。

↓次回の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA