極限自戦記No.01(2)

極限自戦記 No.01(1) (前回の記事)

さて先手が25歩と合わせて2筋の突破を図ったところまで進みました。(第5図)

 

次の一手は62飛か76銀と読んでいましたが意外な手が飛んできました。

第5図から
△54金 (第6図)

 

自陣の金を繰り出しこちらの銀に当てており、それだけ見れば自然な手なのですが、当然ながら先手に次の切り返しがあります。

第6図から
▲55銀(第7図)

 

この55銀が当てられた銀を金に当て返してぴったりの一手です。

第7図から
△同金 ▲同歩 (第8図)

 

第8図までは自然な進行ですが、ここで私は局面が良くなったと感じました。

理由としては以下の2点

(1)大きな駒得であること

一般的に金銀交換では金の方が僅かに価値が高いとされていますが、当然ながらそれは局面によって変わってきます。

そしてこの将棋においては金の価値がすこぶる高いと感じていました。

体感的には角銀交換ぐらいの駒得です。

なぜ金の価値が高いかについては後述します。

(2)後手の角を抑え込めたこと

54金55銀同金同歩の順で先手の歩が55まで伸びました。

これがすこぶる大きいのです。

後手は少ない攻め駒で攻めの形を作る必要がありますが、第5図の段階ではいつでも45歩が決戦の手段として存在し、先手はそれを警戒して駒組を進める必要がありました。

ところが5筋の歩が55まで進んだことで後手からの45歩が全く怖くなくなりました。

すなわち後手の角の(潜在的な)働きが大いに低下したのです。

そして働きの落ちた角は2筋から伸びていく歩の格好の目標です。

(1)駒得と(2)駒の働きという2点において先手はここ数手でポイントを上げることに成功しました。

そしてこれを引き起こした54金は疑問手、第8図は先手良しというのが対局中の判断です。

※対局中はここまではっきりと言語化しているわけではありません。

本譜に戻ります。

第8図から
△62飛 (第9図)

62飛は当然の一手で、代えて76銀には75金があります。(下図)

以下65銀打には66歩、先手は銀二枚を召し捕ることができるので後手の攻めは完切れです。

そしてこの75金があることで、6,7筋での銀の進出に強い制限を掛けていること。

これが金銀交換を大きな駒得と表現した理由です。

 

さて迎えた第9図は先手良し、ここからは後手の攻めを見切りつつ2筋の突破を間に合わせれればリードを広げられます。

ところで、私はこの対局でそれとわかる悪手を3つ指しています。

そしてそのうち最大の悪手が第9図からの次の手です。

続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA