金曜詰将棋(4)の解答

問題図を再掲します。

解答

▲83桂 △81玉 ▲82歩 △92玉 ▲95香 △93角 ▲91桂成 △同玉 ▲93香不成 △92角 ▲同香成 △同玉 ▲74角 △91玉 ▲ 81歩成 △同玉 ▲72角 △71玉 ▲62金 △82玉 ▲83角引成 △81玉 ▲92馬 まで23手詰

・・・

解説します。

まず考えられる初手は3つ
(1)63桂不成 (2)72歩 (3)83桂不成
順に解説しますがどれも相当際どいです。

(1)63桂不成
初形から
▲63桂不成 △81玉 ▲89香(1ー1図)

1ー1図で簡単に詰みに見えますが、ここで83に中合をするのが手筋です。

とは言っても83歩は82歩91玉92歩以下詰みなので83銀と打ちます。

1ー1図から
△83銀 ▲82歩 △91玉 ▲92歩 △同銀 ▲81歩成 △同銀 (結果図)

83銀に同香不成は92玉で上に逃げられます。

途中92歩に同銀と取れるのが銀合の効果。

結果図からは81香成しかありませんが、同玉でも92玉でも詰みません。

ちなみに結果図から詰ますには歩が二枚必要です。

ということで(1)63桂不成は83銀の中合が妙手で不詰みとなりました。

(2)72歩
初形から
▲72歩 △81玉 ▲89香 (2ー1図)

さっき見たような局面ですが、持ち歩が無いのと、75に桂がいるのが大きな違いです。

歩が無いなら83歩で受かりそうですが、それには82金(下図)が好手。

以下は同玉83桂成で簡単です。

じゃあ詰みじゃん?と思うところですがここでは83金(下図)の中合がそれを見越した妙手!

82金に同金と取れるのがミソで以下同香成同玉は一枚足りません。

2ー1図から
△83金 ▲71歩成 △91玉 ▲83桂不成 △92玉 ▲91桂成 △93玉 ▲84金 (2ー2図)まで

あれれ?詰んじゃいました。

ということで
83金の中合も虚しく72歩で以下は詰み

…とここで終わらないのが大道詰将棋、2ー1図に戻ります。

2ー1図から
△84桂 ▲同香 △83金(2ー3図)

83金の中合の前に84桂の中合を入れるのが後手の最強手段。

同香と取らせることで2ー2図の84金を打たせないのがその意味するところです。

2ー3図から
▲71歩成 △91玉 ▲81と △同玉 ▲83香不成 △92玉 ▲82香成 △93玉 (結果図)

91玉に83桂不成は92玉ではっきり詰みません。

81とから懸命に追いかけましたが、結果図まで進んで玉はもう捕まりません。

ということで(2)72歩は84桂から83金の連続中合が後手の絶妙の手順で不詰みとなりました。

蛇足ですが84桂に代えて角を打つと91玉に82角で、歩を打つと91玉に92歩でどちらも簡単に詰みます。

(3)83桂不成
初形から
▲83桂不成 △81玉 ▲82歩 △92玉 ▲95香 (3ー1図)

さあさあお待ちかね、合駒問題です。

取り敢えず93Xとして進めます。

3ー1図から
△93X ▲91桂成 △同玉 ▲93香不成 (3ー2図)

ここでXを持ち駒にしている計算です。

X=金(飛)だと以下92合81金(飛)、X=桂だと以下92合83桂でそれぞれ簡単です。

3ー1図に戻りX=銀、香、角を順に見ていきます。

X=銀の変化
3ー1図から
△93銀 ▲91桂成 △同玉 ▲93香不成 (3ー3図)

またもや合駒問題ですが、横に利かない駒は92合81歩成同玉82銀まで。
92金(飛)も同香成同玉83銀93玉94金(飛)まで。

したがって3ー3図以下は詰みとなります。

X=香の変化
3ー1図から
△93香 ▲91桂成 △同玉 ▲93香不成 (3ー4図)

さてと合駒問題です。

香合、桂合は81歩成同玉83香で詰み。
銀合、金合、角合は同香成同玉95香93合83銀(金、角)で詰み。
飛合は81歩成同玉92香成同玉95香93合72飛で詰み。

全部詰んだので3ー4図以下は詰みとなります。

X=角の変化
3ー1図から
△93角 ▲91桂成 △同玉 ▲93香不成 (3ー5図)

元気出していきましょう、合駒問題です。

前に効く駒は同香成同玉74角で詰み。
桂合も同香成同玉74角91玉83桂92玉71桂成91玉81歩成で詰み。
残るは角合のみです。

3ー5図から
△92角 ▲同香成 △同玉 ▲74角 △91玉 ▲81歩成 △同玉 (3ー6図)

ここからが最後の罠。

一目とばかりに63角成は以下91玉82角92玉(下図)となって打ち歩詰めの形で逃れています。

3ー6図から
▲72角 △71玉 ▲62金 △82玉 ▲83角引成 △81玉 ▲92馬 まで(詰め上がり図)

72角と打ってからの62金がぴったりで収束に向かいます。

初形では盤面のどこにもいなかった角二枚を使って詰め上がります。

今回紹介したのは大道詰将棋のなかでも「香歩問題」と言われるものです。

至極シンプルな初形から後手に受けの妙技が連発して、すぐ詰みそうでなかなか詰みません。

将棋とはまた別の詰将棋の奥深さを少しでも楽しんでもらえたなら嬉しい限りです。

ー本日の勉強ー
詰将棋 50問 棋譜並べ 1局 実戦 7局 (6勝1敗 R2167→R2243)
いい調子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA