金曜詰将棋(2)の解答

第1問

▲93銀 △同玉 ▲85桂 △84玉 ▲75金 まで

初手に93銀と捨てるのが必修手筋で、同桂は82金なので同玉の一手ですが85桂と打って、上がっても落ちても金打ちまで。

初手82金から入るのは、以下93玉85桂84玉75銀85玉(下図)となってぎりぎり耐えています。

第2問

▲71銀 △92玉 ▲82金 △93玉 ▲66角 △84歩 ▲85桂 まで

意外と振り飛車党がうっかりしやすいのがこの筋。

71銀に同金は同角成、93玉は85桂で簡単なので92玉と逃げますが、82金から66角がぴったりで詰みます。

第3問

▲93香 △同玉 ▲82銀打 △92玉 ▲91銀成 △93玉 ▲82銀不成(下図) △同玉 ▲92金 まで

93香からの順はこれしかないところで、一見足りないようですが図の82銀不成が好手で詰め上がります。

3問とも基本的な問題で、有段者であれば解くのに時間がかからないと思いますが、これらの問題(特に第3問)を「読めば詰ませられる」状態と「詰む形と知っている」状態では大きな差があるというのが今回の主張です。

例えば下図

この局面、第3問の詰み筋を知っていればここで61とが詰めろになることがわかるので、「後手に57角などの攻防手がないか」だけに集中して読むことができます。

ところが第3問の詰み筋を知らないと「61とは詰めろか?」「詰まないとして後手の69龍はぱっと見詰めろだけど本当に詰むのか?」「仮に78銀打と受けた時に後手からの厳しい攻めはなにか?」と言った具合で読む要素、迷う要素が格段に増えます。

これらの迷いが逆転を生むことは皆さん経験上、痛いほど知っているはずです。

「71銀92玉は金銀香で詰み」
この機会に覚えてもらえればと思います。

ー本日の勉強ー
詰将棋 50問 棋譜並べ 1局 実戦 2局 (2敗 R2131→R2097)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA